四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒銀の定跡形からの変化

 2月14日に行なわれたC級2組順位戦より、島本-横山戦を取り上げる。四間飛車対棒銀の定跡形となり第1図、『四間飛車の急所3』P201では▲4五歩が最善と記されているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8八角 △5五歩 ▲同 角 △4六歩
 ▲3四歩 △同 飛 ▲3五銀 △7四飛
 ▲4六銀引△3三歩 (第2図)

 ▲8八角は、『四間飛車の急所3』では「振り飛車が良くなる」と書かれている手。5筋を突き捨てるのが手筋だ。△4六歩に対する▲3四歩で本の手順を離れたが、△同飛と応じ▲3五銀の進出を許すものの、△7四飛と転換して▲4六銀引に△3三歩と受けた第2図は振り飛車が軽い形に見える。
第2図 第2図以下は結局後手の美濃囲いが崩されることもなく横山四段の勝利に終わった。この結果横山四段は五勝四敗、負けた島本四段は二勝七敗となり次の最終戦に勝たない限り降級点を取るという厳しい星取りとなった。

 第1図は棒銀の定跡形であり筆者も実戦経験が豊富である。あまり▲8八角と打たれたことはないが、△5五歩の突き捨てでやはり振り飛車が充分指せるように思える。そのことを再認識させられた一局。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/220-c4330ce7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。