四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

自分が採用する戦法を逆に採用される

第1図 筆者の実戦より(便宜上先後逆)。居飛車の陣形は一風変わっているが、角田流という形で筆者も四間飛車穴熊に対してはよく使っている。プロの実戦でもたまに現れるが、むしろ地下鉄飛車狙いで指されることが多く、2筋(8筋)交換型は珍しい。
 普段自分が採用している、それもマイナーな部類に属する戦法を相手に採用されるというのはなかなか複雑な気分である。第1図は2筋で歩を交換した手に対して▲6五歩△5三角と進んだところ。ここから実戦の進行を考えてもらいたい。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲6五歩 △同 歩 
 ▲同 銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲8八飛 △8五歩(第2図)

 居飛車は銀を6二に上がっただけで金銀が立ち遅れている感がある。対して自陣は2筋がやや薄いものの、美濃囲いにまとまっている。そう判断してさしたる読みも入れずに仕掛けた。持ち駒の一歩を使い、2筋の交換を逆用する意味もある。
 攻めるとすれば▲6四歩はここしかない。対して△同歩は自然だが、角で取るのが優るか。
第1図 ▲6四歩に△同角と取れば、▲6五銀△5五角▲5四銀△7七角成▲同桂△5二金右の進行が予想される(参考図)。6五~5四銀が味良いようだが、攻め駒が引っ張り込まれているきらいもある。飛車筋を通し銀をさばき、角を手駒に桂馬も使えそうだが悩ましい。▲6四歩△同歩▲6三歩…などで果たしてつながるかどうか。
 本譜の△6四同歩には▲6五歩の継ぎ歩が狙い。これは△同歩と取るしかない。6五に銀を進出した振り飛車に対して、後手は8筋から手をつけてきた。しかしこれは筆者の待ち望むところ。本譜はここから七手で将棋が終わってしまった。
第2図
  第2図以下の指し手
 ▲8三歩 △同 飛 ▲8四歩 △同 飛
 ▲8六飛 △同 歩 ▲6六角打(図面略)
 まで先手の勝ち

 連打の歩を両方取ってしまったため見事な両取りがかかってしまった。△2二銀と上がっていないのをとがめた形である。▲8四歩に△8二飛ならここまでひどくならないが、▲8六角△同歩▲同飛と逆襲して先手良しは明らかだ。

 本譜は出来すぎだが、第1図で仕掛けたくなる感覚は間違っていないはずだ。しかし現実には参考図で難しい…。自身が採用する戦法の優秀性を変な意味で再認識した一局。機会があれば今後、筆者が角田流を採用した将棋も紹介したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/22-3c4d2496