四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロが指せない一手

 読売新聞に掲載された第19期竜王戦1組1回戦の杉本-木村一戦より。▲1五歩を早めに突き越した先手四間飛車に対して後手は右銀急戦で対抗、銀を取られる代償に後手は飛車を成り込んで第1図を迎える。次に△7六竜▲同角△6六角成の狙いが見えているが…

第1図  第1図以下の指し手
 ▲7三歩成△7五歩 ▲7七飛 △同角成
 ▲同 銀 △同 竜 ▲7四と △6六桂

 先手の▲7三歩成に対して先に述べた△7六竜▲同角△6六角成は「怖くて踏み込めなかった」とのこと。本譜は△7五歩に▲7七飛と引いたが、△同角成以下▲7四とに△6六桂と急所に打たれては先手が苦しい。ここでは▲9六飛と回り、以下△7三桂▲7五銀△7七角成▲5六角△7九と▲7四歩のように戦うべきで、これなら先手もまずまずの勝負であった。
第2図 戻って第1図ではいかにも筋悪な▲7七銀打が正着で、以下△9九角成▲7三歩成△6四桂▲7五飛△7六歩▲6三と△同金▲7二飛成△6二歩▲8八歩となれば先手が充分であったとのこと。先手は▲7三歩成に△7六竜の変化を読んでいたため、この銀打ちを着手することができなかったようである。
 
 それにしても第1図で▲7七銀打が正着とは…プロのみならずアマチュアでも指せない一手である。将棋の奥深さ、難しさを再認識させられた一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/216-ea0d77e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。