四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び定跡形からの変化

 再び筆者の実戦より。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P92の結果図の一手手前という前回と全く同じ形となった。

第1図  第1図以下の指し手
       △7九角 ▲7七角 △6八角成
 ▲同 銀 △8四飛 ▲3三角成△同 金
 ▲4二銀 △3二金 ▲4一銀不成△3一金
 ▲3二金 △4一金 ▲同 金 △8八飛成
 (第2図)

 今回も△5五歩ではなく△7九角と打ってきた。以下の手順は前回を参照して欲しいが、飛車を7六に回るのではなく8四に引くのが相違点である。以下角切りから▲4二銀とからみ、△4一金▲同金に△8八飛成となって第2図。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4三角 △3三飛 ▲5四角成△6八竜
 ▲3二金 △同 飛 ▲同 馬 △4四角
 (第3図)

 ここで筆者は間違えてしまった。▲4三角と打ったために△3三飛の粘りを相手に与えてしまった。▲5四角成と後手を引き△6八竜と銀を取られるようでは明らかに変調である。
 第2図での最善手はおそらく▲3二金であろう。次に今度こそ▲4三角と打てば絵に描いたような必死がかかる。
第3図 本譜は△6八竜に▲3二金△同飛▲同馬と飛車を奪ったものの、△4四角と攻防に打たれて形勢はおそらくこちらが悪い。以下▲5二飛に△2五桂と打たれ、▲2二馬以下2二の地点で清算して▲3一角△3三玉▲4二角成△2二玉▲3一金と迫ったもののいかんせん駒を渡しすぎている。案の定△3七銀から詰まされてしまった。

 定跡形から前回と同じように変化された一局だったが、今回は筆者のほうが途中で最善を逃してしまった。それにしても第2図で▲3二金くらい打てないものだろうか。
スポンサーサイト

コメント

確かに▲3二金と打ちたいところでしたね。本譜でも▲5二飛ではなく、▲4二飛と打てばまだ残っていたのではないでしょうか。

  • 2006/02/07(火) 22:40:21 |
  • URL |
  • eightball #-
  • [ 編集]

▲4二飛もここに打ちそうなものですね。我ながらなぜこういう普通の手が指せないのか…。

  • 2006/02/09(木) 20:43:07 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/215-c3f2af2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。