四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

定跡形からの変化を戦う

 今回は筆者の実戦より。四間飛車対居飛車穴熊の定跡形となり第1図(便宜上先後逆)、『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P92の結果図の一手手前の局面である。すなわちここでは△5五歩が普通だが…

第1図  第1図以下の指し手
       △7九角 ▲7七角 △6八角成
 ▲同 銀 △7六飛 ▲3三角成△同 金
 ▲4二銀 △3二金 ▲4一銀不成△3一金
 ▲3二金 (第2図)

 △7九角も『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』に載っている一手。先手は▲7七角と切り返す。以下の手順もやはり同著の通りに進み、▲3三角成△同金▲4二銀と食いついた。△7八飛成は▲3三銀成~▲3二金がうるさいため後手は金を逃げて第2図を迎える。
第2図 第2図以下の指し手
       △4一金 ▲同 金 △3一銀打
 ▲4四角 △3三桂打▲5三角成△3二飛
 ▲7七銀 (第3図)

 △4一金▲同金と先手の金をそっぽにやるのは当然の一手と思うが、直後の△3一銀打が悪手。▲4四角でかえって次の▲3一金を狙われる羽目になってしまった。△3三桂打の受けにも▲5三角成がやはり厳しい。▲3一金を受けるため△3二飛はつらい辛抱だが、そこで▲7七銀という手があった。
第3図 まさかこんな形で飛車を殺すことができるとは望外の展開である。以下は△7七同飛成▲同桂△3五歩▲6一飛と進み、十数手で相手を受けなしに追い込んでの勝ちとなった。

 第1図より△7九角は普通の手に思えるが、『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P91、P92では実戦の通りの強襲があり容易ではないと記されている一手。以下▲4一銀不成までが本に載っている手順だが、相手の悪手に助けられたとはいえ定跡書以降もうまく指すことができ、自信のついた一局となった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/214-e1d8667c