四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

▲3六歩型をめぐる攻防

 C級2組順位戦第9回戦の片上-長岡戦を取り上げる。前回の村中-佐々木戦と同様に、▲3六歩を突いた形での居飛車穴熊の将棋となり第1図。ここから後手は仕掛ける。

第1図  第1図以下の指し手
       △3五歩 ▲同 歩 △4四角
 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2二歩
 ▲2八飛 △3五飛 (第2図)

 △3五歩▲同歩△4四角の仕掛けは『東大将棋四間飛車道場 第十四巻』『島ノート』にも載っているおなじみの仕掛け。▲2四歩△同歩▲同飛△2二歩までも定跡手順と言ってよいだろう。△2二歩と打たれた局面で次に△3五角の両取りを食らってはまずいので▲2八飛と引き、△3五飛と飛車の方で歩を取って第2図。
第2図 第2図以下の指し手
 ▲4六歩 △3二金 ▲7九金 △3三桂
 ▲6八角 △2三歩 ▲2四歩 △同 歩
 ▲4五歩 △同 飛 ▲4六銀 △2五飛
 (第3図)

 ▲4六歩は急所ともいえる一手。後手は△3二金と2筋を補強するのもこの形での常套手段だ。お互いに以下駒組みを進め、△2三歩に▲2四歩△同歩と打ち捨ててから▲4五歩と取った。△同飛に▲4六銀と進出するも、△2五飛とぶつけられて第3図。
第3図 ▲2七歩では余りにも情けないので▲2五同飛△同桂と飛車交換に持ち込み、陣形のバランスが良い後手が若干ペースを握っている感じか。以下熱戦が展開されたが、最後は長岡四段が勝ちのある局面で投了してしまうというドラマチックな幕切れとなり片上四段が勝利を収め成績を五勝三敗とした。逆に長岡四段は一勝七敗となり残念ながら降級点が決定してしまった。

 第1図のような局面は実戦でもよく現れそうなだけに、以下飛車交換に至るまでの攻防が大いに参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

△3二金型

この将棋で?と思ったのは中盤△6二金~△6一銀左とした指し方が、と金に対していいのかなと。私だと△6一金~2四竜とかしたくなるんですが…
結果的には2九の竜が働く展開にならなかったですね。弱いアマレベルだと勝つのは難しいと思うのですが、プロならではですか。
5三と、に7一金では辛いと思いましたが最後は勝ってたんですね… う~ん。 

  • 2006/02/04(土) 00:11:16 |
  • URL |
  • ももたろう #-
  • [ 編集]

Re:△3二金型

△6二金には筆者も違和感を覚えましたが、後の△6一銀左を見据えての一手なのでしょうね。事実その付近の局面では控え室でも「長岡よし」と言われていたようですし…。

  • 2006/02/04(土) 10:48:24 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/213-1597cee1