四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

互いに玉頭に傷を抱える

 26日に放送された銀河戦本戦Aブロック5回戦の佐々木-真田戦より。佐々木四段の四間飛車に対して真田七段は角筋を止めないまま端玉銀冠に構えて第1図。比較的長い中盤戦が続いたが、ここからいよいよ本格的な戦いが始まる。

第1図  第1図以下の指し手
 △8七歩 ▲2五歩 △8八歩成▲2四歩
 △同 角 ▲同 角 △同 銀 ▲6五歩
 △8六飛 (第2図)

 △8七歩は遅いようだが次のと金作りを受ける手はなく、先手は▲2五歩と攻め合う。△8八歩成に▲2四歩の取り込みも大きいが、△同角以下角交換となりお互いの玉頭に傷ができる形となった。▲6五歩は手筋の一着だが、ここで△8六飛と走ることが出来るのが結果的に大きかった。
第2図 第2図で▲6八角の両取りが見えるが、△7八とと切り返せば▲同銀△8八飛成と手順に飛車を逃げつつ銀取りで迫ることができる。実戦は▲6四歩△7九と▲6八飛△8九飛成と進み、一方的に飛車を成り込むことができては後手優勢と思われる。この後△3九角▲2七玉に△2六歩と打たれる手が致命傷となり佐々木四段の敗北、銀河戦での連勝が止まる結果となった。

 銀河戦の放送及び銀河クラブを見たわけではないので詳しいポイントはわからないのが、△8七歩で間に合うという真田七段の大局観が光った一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/211-44736669