四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

△3五銀型の攻防

 C級2組順位戦第9回戦の中尾-島本戦より。四間飛車対居飛車穴熊の将棋となり、後手が△4四銀型を採用したものの▲3六歩と突かなかったため△3五銀と出る形となっている。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P77では『「△4四銀には▲3六歩」と覚えるのが明快』と記されており、△3五銀型に関しては言及がないが、実戦ではどのような攻防が展開されるのであろうか。第1図は▲3八飛と寄って次に▲3六歩と銀を追う手を見せたところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △2六銀 ▲7七金 △2四歩
 ▲5五歩 △2五歩 ▲5六銀 △8二玉
 ▲2八飛 △4三飛 ▲7八金引△5一角
 ▲3六歩 (第2図)

 ▲3六歩を予め避けて△2六銀と後手は進出した。▲7七金に△2七銀成では重いので、△2四歩と遠巻きに反撃する。▲5五歩は△同角なら▲2四歩と逆用する意。以下△2五歩▲5六銀と進み、先手は一歩を代償に好形を作り上げることに成功した。
第2図 以下お互いに細かい駒組みを続けて第2図。▲3六歩と突かれて銀の退路を絶たれたが、▲2七歩と打つ一歩がないためすぐに銀が死ぬわけではない。いずれにせよこの2六の銀がどう働くかが勝負の分かれ目となりそうである。
 第2図以下十数手進んで第3図。▲5九角が2六の銀の当たりになっており、先手には次に▲4五銀と出る狙いがある。果たして後手はどのように銀を処置するのであろうか。
第3図  第3図以下の指し手
       △1七銀不成▲5八飛△2六銀成
 ▲4五銀 △2二角 ▲3四銀 △4七飛成
 ▲4八飛 △同 竜 ▲同 角 △2五成銀
 ▲同 銀 (第4図)

 △1七銀不成はそっぽの上の香車と交換する権利を先手に与えるが、次の▲4五銀を受けるにはこれくらいか。一方先手もこれを相手にせず▲5八飛と回る。△2六銀成は二手かけて銀を成銀に変える面白い手順だが、先手は構わず▲4五銀~▲3四銀と繰り出す。
第4図 △4七飛成を許しても▲4八飛のぶつけがあり、△同竜▲同角となっては2六の成銀が助からない。△2五成銀と桂馬を取ったものの、▲同銀と取られて駒損となっては先手ペースのようだ。以下△9五歩を手抜いて▲2三飛と打ち下ろし、端攻めを逆用する形となって先手が制勝した。中尾四段は四勝四敗、一方の島本四段は二勝六敗と苦しい成績に。

 筆者は△3五銀と出る形は指さないのだが、出たら出たでやはりそれなりに振り飛車にも苦労が多いのだなと思わされた一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/209-1c43d8c3