四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

二枚飛車+受け切り模様となるも…

 22日に放送されたNHK杯の久保-森下戦より。久保八段の四間飛車に対して森下九段は銀冠を採用、第1図は次の▲6四歩を受けるべく後手が△5三金と寄ったところだが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲6五歩 △7五歩
 ▲6四歩 △7六歩 ▲8八角 △7七歩成
 ▲同 角 △同飛成 ▲同 桂 △4六歩
 (第2図)

 それでも▲6四歩と突く手があった。△同歩の一手に▲6五歩と継ぎ歩で攻める。後手も△7五歩と突き以下は一直線の展開となった。▲6四歩△7六歩▲8八角にも△7七歩成以下飛車角交換を果たし、△4六歩と急所を突いて第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲5七金 △3五歩 ▲6三歩成△4三金寄
 ▲5三と △同 金 ▲6一飛成△3六歩
 (第3図)

 ▲4六同金は△7九角の筋があるので▲5七金と避わすが、薄くなった桂頭を突いて△3五歩が嫌味な一手。▲6三歩成△4三金寄を決めて難しい局面を迎えるが、先手はできたばかりのと金を▲5三と△同金と捨てて▲6一飛成と成り込む手順を選んだ。後手に△3六歩と取り込まれて困ったかに見えるが…。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲4五桂 △同 銀 ▲4一飛 △3七角
 ▲同 銀 △同歩成 ▲同 玉 △3六銀打
 ▲2八玉 △3一歩 ▲3七歩 (第4図)

 ▲4五桂と跳ねるのが気がつきにくい一手。△同銀に▲4一飛が両取りとなって厳しい。▲4五飛成と要の銀を取られてしまってはまずいため、△3七角と非常手段に出て以下3七の地点で清算し、△3六銀打と4五の銀にヒモをつけてから△3一歩と受けたものの、▲3七歩と攻めを催促された第4図では先手ペースと思われる。
第4図 以下も久保八段の堅実な指し回しの前に先手の優位は広がるばかりと見えたが、最終盤で信じられない逆転劇があり結果的には森下九段の勝ちとなった。事の顛末はせんすぶろぐに掲載されているのでそちらを参考にして頂きたい。筆者も本譜▲1五銀のところでどう指すのが最善なのかは悩ましいところである。

 最後の最後に一失あったとはいえ、久保八段の巧みなさばきのみならず薄い自陣を補強する一連の手堅い受けが参考になった一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/208-50314e46