四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

課題の局面から強襲を受ける

 一昨日と昨日の記事にちなんで、本日は筆者の実戦をご覧下さい。四間飛車対居飛車穴熊▲2六角型の定跡形となり迎えた第1図(便宜上先後逆)、ここから△4三金▲2六歩△1四歩と進めば羽生-久保戦山本-川上戦と同一局面となるが、居飛車はこの段階で果敢に仕掛けてきた。

第1図  第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 歩 △3五歩
 ▲同 歩 △7五歩 ▲6七飛 △7六歩
 ▲6八角 △3六歩 ▲同 金 (第2図)

 △8六歩と先行されては筆者推奨の▲4五歩を突く暇もない。▲8六同歩と応じるところで▲同角と取るのは深浦-川上戦のような強襲を受けてしまうのでつまらないと見た。以下△3五歩▲同歩△7五歩に▲6七飛が愛用の受け方。△7六歩▲6八角に△3六歩と悩ましい歩を打たれた。本譜は▲同金と取ったが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △5七角成▲同 飛 △6五桂
 ▲6七飛 △6四歩 ▲7八歩 (第3図)

 いきなり△5七角成と切られて驚愕した。▲同角は△8六飛があるので▲同飛と取ったが、△6五桂とさばかれて嫌な雰囲気である。▲6七飛△6四歩に敵の打ちたいところに打て(次に△7八銀が気になった)とばかり▲7八歩と受けたが、ここで仮に△7七歩成▲同桂(▲同歩は△8六飛)△同桂成▲同飛△8六飛なら▲7二飛成が金取りとなる。
第3図 実戦では△8八歩▲9七桂△7七歩成▲同歩△8六飛と進み、まったく自信のない展開だったがまだまだこれからという局面で相手が謎の投了をして来たため筆者の勝ちとなった。

 このような強襲にどう対処すればいいのか。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』のような定跡書に頼りきりで応用力のない筆者は本に載っていないような手順を指されると途端に分からなくなる。そもそも△3六歩は取らずに▲2五桂と跳ねるべきなのか。その他の手も含めて読者諸兄の御意見を聞いてみたいところである。
スポンサーサイト

コメント

第一図の▲5七銀で▲1五歩のほうが自然だと思うのですが。△6二飛ならそこで▲5七銀で十分戦えると。なんか本譜は端歩があたっていないので居飛車としては安心ですし、振り飛車としては中途半端だと思います。端歩が詰まっていれば▲2五桂も跳ねやすいですし。

  • 2006/01/19(木) 22:29:40 |
  • URL |
  • 元 #-
  • [ 編集]

確かに端を詰めない指し方は不自然だったかもしれません。△6二飛の前に▲5七銀と引く手が体に染み付いてしまっているもので。

  • 2006/01/20(金) 20:02:01 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/205-e0d6e13b