四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手右銀急戦 基本図

 居飛車穴熊に対する藤井システムの出現。これによって右銀を繰り出す急戦が再度注目され、プロの実戦にも頻繁に現れている。初回の定跡研究は先手四間飛車対後手右銀急戦を取り上げてみたい。ただしアンチ藤井システム党の筆者であるから、基本図は以下のように定める。

基本図.gif ▲7八飛に替えて▲5六歩も有力だがここでは割愛する。個人的には以下△7六歩▲同銀に△7五歩と押さえられ、▲6七銀の一手にそこで△7ニ飛と回られるのが嫌である。次の△7六歩が受けづらく、▲6五歩とさばきに出ても△7七角成▲同桂△5三銀と進んで6七銀型が重い。この手順は四間飛車を後手番として▲5六歩の一手を省いた形で『島ノート』に「対策の決定版」として記されていたものであり、先手四間飛車に対しても応用可能と思える。



第1図.gif  基本図以下の指し手
        △7六歩  ▲同 銀 △7ニ飛
 ▲6五歩  △7七角成▲同 飛 △5五銀
 (第1図)

 △7ニ飛に替えて△7五歩▲6七銀△7三銀と銀を立て直す順、▲6五歩に替えて▲8八角も考えられるがここでは省略。いずれも『振り飛車ワールド第四巻』第七章の千葉四段(当時)の講座「二つの右銀急戦」で触れられている。



 第1図で考えられる先手の指し手は三つ。
1、▲6七銀 2、▲8五銀 3、▲8三角
次回より順を追って検討してみることにしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/2-951b042e