四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

相振り雀刺しの威力

 1月10日に行なわれたC級1組順位戦第9回戦より何局か見て行きたい。まずは小林健-石川戦を取り上げる。かつては「スーパー四間飛車」で一世を風靡し、『〔定跡〕相振り飛車』などの著作もある小林九段だが本局は相振り飛車を採用、対してここまで一敗の石川六段は矢倉に組み、第1図は飛車先を交換したところ。先手のは相矢倉でよく登場する雀刺しの陣形に構えているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8五桂 △8四銀 ▲3六歩 △1五歩
 ▲9三桂成△同 銀 ▲9四歩 △同 銀
 ▲同 香 △同 香 ▲同 飛 (第2図)

 ▲8五桂△8四銀にいったん▲3六歩は△3五桂の筋を消して間合いを取ったものか。ここで後手に有力な一手がないのを見越していると言えよう。△1五歩に▲9三桂成以下先手はいよいよ端攻めを敢行する。▲9四歩以下銀桂交換となり先手は一定の戦果を上げることに成功した。
第2図  第2図以下の指し手
       △9一香 ▲9三歩 △同 香
 ▲同角成 △同 桂 ▲7五歩 △7六角
 ▲9九飛 △2六歩 ▲同 歩 △2五歩
 (第3図)

 △9一香には▲9三歩△同香▲同角成と角を切り、△同桂に▲7五歩と突くのはまさに雀刺しの攻め筋だ。△5二金型のため余計にこれが厳しい。後手も△7六角と攻防の角を放ち、△2六歩▲同歩△2五歩と継ぎ歩攻めで反撃して第3図を迎える。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲7四歩 △2六歩 ▲2二歩 △同 飛
 ▲2三歩 △同 飛 ▲7七香 △4九角成
 ▲同 銀 (第4図)

 ▲7四歩△2六歩とお互い構わず攻め合いに持ち込み、▲2二歩~▲2三歩と飛車先を連打するのは飛車の横利きをそらしたものか。△2三同飛に▲7七香と打つのは△4九角成が見えているだけに怖い気もするが、▲4九同銀と取った第4図は△2七歩成とされても▲3九玉で意外とたいしたことはない。。
第4図 むしろ先手の7筋の攻めの方が厳しく、ここでは小林九段が優勢どころか勝勢ともいえる。実戦はここから△6二金左と守ったものの、▲7三歩成△同金左▲同香成△同金に▲9三飛成以下即詰みに討ち取って先手の勝ちとなった。この結果石川六段は二敗となり、残念ながら昇級の目は消えてしまった。

 『相振り革命3』にも相振りでの雀刺しは有力と記されていたが、本局はその威力をまざまざと見せ付けた結果となった。矢倉攻略に苦心している筆者としては参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

いつも勉強させてもらってます。三間党なので石川六段を応援してましたが…残念です。
第一図の組み上がりから最後まで一直線に攻め倒されてしまった感じですね。
となると、1図までの後手の駒組みがどうか…並べてて、1三角~3三桂は6五歩~6六角と換わって大丈夫かな?と思ったのですが。そのへんでしょうか…

  • 2006/01/12(木) 20:21:02 |
  • URL |
  • ももたろう #-
  • [ 編集]

確かに後手の1三角、3三桂型は結果的に働きがなく疑問だったかもしれませんね。先手に▲6六角の好形を許し、雀刺しの猛攻を浴びた原因になっているように思えます。

  • 2006/01/13(金) 19:50:33 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/199-c2a0e135