四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

両取り逃げるべからずの反撃

 C級2組順位戦第8回戦の田村-武市戦より。『田村流けんか殺法』でも有名な早指しの田村六段と、『武市流力戦筋違い角の極意』という著書からも分かる通り筋違い角振り飛車の使い手で、前期惜しくもC級2組在籍23期目にして降級点を取ってしまった武市六段という異色の顔合わせとなったが、将棋の方はオーソドックスな三間飛車対左美濃となった。迎えた第1図は既に終盤戦、先手は飛車金両取りがかかっているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲1五歩 △同 歩 ▲4七金 △6六銀成
 ▲同 角 △4六歩 ▲4八金引△8六飛
 ▲1四歩 △2二銀 ▲7七角打(第2図)

 両取り逃げるべからずで▲1五歩が急所の反撃。△同歩と取らせて味をつけておいてから▲4七金と逃げ、△6六銀成▲同角と飛車の方を取らせる。△8六飛に対する▲1四歩もきわどい利かしで、本譜は△2二銀と逃げたが▲7七角打と重ねて打つ手があった。飛車を逃げればもちろん▲4三歩成だ。
第2図  第2図以下の指し手
       △6六飛 ▲同 角 △2七歩
 ▲同 玉 △6九飛 ▲7五角 △6四歩
 ▲同 角 △2六歩 ▲同 玉 △6六角
 ▲4六角 (第3図)

 △6六飛は当然の一手。△2七歩▲同玉と玉を吊り上げてから△6九飛と打つが、▲7五角が攻防の位置。△6四歩▲同角と角の利きをそらしてから後手はさらに△2六歩と打つが、先手は強く▲同玉と取りひるまない。△6六角にも▲4六角がぴったりとなった。
第3図 第3図で△4八角成▲同金△1九竜は▲4五桂でも受かっている。実戦は△4四角▲2七玉△2六歩▲2八玉と玉頭に楔を打ち込んでから△8九飛成と攻め駒を補充したものの、▲4五歩△9九角成▲1五香以下先手の端攻めが早く先手が勝ち切った。田村六段はこれで四勝三敗と白星先行、一方の武市六段は二勝五敗と苦しい順位戦に。

 第2図以下▲7五角の局面で後手は残り12分なのに対して、先手の田村六段は54分しか使ってない。まさに早指しの雄の面目躍如といった一局であった。
スポンサーサイト

コメント

>>第3図で△4八角成▲同金△1九竜は▲2五桂で受かっている。

▲25桂とは出来ないですね。
△48角成▲15香△××▲48金だと思います。

  • 2006/01/10(火) 22:45:33 |
  • URL |
  • leifang_doa #-
  • [ 編集]

Re:?

▲4五桂の間違いですね。訂正しておきます。

  • 2006/01/11(水) 01:18:04 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

45桂以下16金~17竜も厳しそうですが大丈夫なんですかねやはり

  • 2006/01/18(水) 19:47:17 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/198-6844bf94