四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合わなかった垂れ歩

 本日は筆者の実戦をご覧下さい。筆者の先手四間飛車に後手は居飛車穴熊で対抗、△4二銀と松尾流を目指した手に対して▲5五歩と仕掛ける定跡形となり第1図。ここまでの手順は『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P93~95を先後逆にして参照して頂きたい。この局面での居飛車の最善手は△8五飛と言われているが…。

第1図  第1図以下の指し手
       △6七歩 ▲4五歩 △6八歩成
 ▲4四歩 △5三金 ▲6二飛成△6一歩
 ▲7二竜 △5一歩 (第2図)

 △6七歩と垂らす手は初めて指されたが、第一感遅い気がした。▲4五歩△6八歩成▲4四歩と攻め合いに持ち込み、△5三金で後手を引くのがしゃくだが▲6二飛成と成り込んで次の▲5四歩を狙う。△6一歩と竜の横利きをそらそうとするが▲7二竜と一つ寄る手があった。△5一歩と辛抱強い底歩を打たれて第2図となるが…。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲7五角 △8八飛成▲5三角成△5八と
 ▲3九金 △5三銀 ▲3二竜 △6五角
 ▲4三歩成(第3図)

 ▲4五桂は△5二金引と粘られる順が気になったため、▲7五角から局面を決めに行った。▲5三角成に△5八とといったん活用されたものの、▲3九金△5三銀に▲3二竜と要の金を抜いて穴熊は既にガタガタである。△6五角は攻防の一着だが、これにも▲4三歩成がぴったりとなった。
第2図 △4三同角▲同竜△5五角なら▲5三竜で先手勝勢。実戦は諦めたか受けずに△5五角と銀を取ってきたため、▲2一竜で後手の投了となった。以下は持ち駒金二枚を使っての簡単な並べ詰みである。

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P96結果図の一手手前、振り飛車が△2二歩(本局は先手なので▲8八歩)と受けた局面は実戦経験も豊富である。若干後手の指し手が淡白な印象を受け、どこかで変化する手もありそうだが、定跡書にない手を指されてからもうまく対処できた一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/196-120b9704
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。