四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちの良い一手が続く

 既に一月近く前の対局であるが、C級2組順位戦第8回戦の木下-村中戦を見ていきたい。先手の▲5七銀型四間飛車に後手は△7二飛から急戦を試みたものの局面は収まり、持久戦模様となって第1図。7二に打たされた歩がいかにもつらくここでは先手が作戦勝ちと思われるが、具体的にどのような手順で優位を築き上げていくのだろうか。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6五歩 △同 桂 ▲同 桂 △同 銀
 ▲4七桂 △8六歩 ▲同 歩 △4五歩
 ▲同 歩 △8八歩 (第2図)

 ▲6五歩以下歩損ながらも桂交換を果たし、手にした桂馬を▲4七桂と打つのは次に▲3五歩を見せていかにも味の良い一手。後手も8筋を突き捨て、さらに△4五歩と角筋を通して▲同歩に△8八歩と8筋突破を目指すがいかにも重い手だ。ここから振り飛車は相手の手に乗って巧みなさばきを見せる。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6九飛 △8六飛 ▲7七金 △同角成
 ▲6五飛 △6四金 ▲6六角 (第3図)

 ▲6九飛と逃げて、△8六飛に▲7七金が気持ちの良い一手。△8五飛ならもちろん▲8六歩だ。△同角成▲6五飛とお互いに大駒をさばいたが、後手は8八の歩が邪魔駒となっている。
 次の▲6三飛成を防いで△6四金は涙の出るような辛抱だが、そこで▲6六角と王手でぶつけるのがこれまた気持ちの良い一手で第3図を迎えた。
第3図 これには△6六同馬の一手だが、▲同飛で手順に飛車取りをかわしつつ角交換を果たすことができた。6四に打たされた金、8八に打った歩がいずれもひどく先手の優勢は疑うべくもない。
 以下△8七飛成に▲4四歩△同金▲6二角が急所の攻めとなり、そこでさらに△3三角というつらい一手を後手に強いることができた。結果的には4七の桂馬も2三の銀と交換になるという大戦果を上げた先手の快勝に終わり、木下六段は四勝三敗と白星先行に。対する村中四段は手痛い二敗目で昇級戦線から大きく後退してしまった。

 振り飛車に気持ちの良い手が連発し、目の薬ともいうべき一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/195-672aeea1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。