四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

▲5七金型を巡る攻防

 B級2組8回戦の福崎-中田宏戦より。福崎九段の珍しい四間飛車に対して中田七段は5三銀左急戦の構えを見せて第1図、定跡形だがここで福崎流の一手が出る。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5七金 △9四歩 ▲3六歩 △7六歩
 ▲同 銀 △7二飛 ▲6五歩 △7七角成
 ▲同 飛 △5三銀 ▲6七銀 (第2図)

 ▲5七金と金を上がる手は『四間飛車の急所2』P258に先後逆の形で掲載されている一手。後手は△9四歩と手待ちをし、▲3六歩を突かせてから△7六歩▲同銀△7二飛を敢行する。『四間飛車の急所2』ではここで▲8八角△6五銀▲7五銀で振り飛車充分となっているが、本譜は▲6五歩を選択して第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
       △8二飛 ▲4五歩 △8六歩
 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛
 ▲3七角 △7三歩 ▲7四歩 △8八歩
 ▲7三歩成△同 桂 ▲7四歩 (第3図)

 後手は△8二飛と交換を避けた。以下8筋を交換する間に先手は▲4五歩~▲3七角と攻撃態勢を整える。△7三歩の受けに▲7四歩が厳しいようだが、後手は△8八歩とあくまで攻め合いを目指す。▲7三歩成△同桂▲7四歩で先手の攻めが決まったようだが…。
第3図  第3図以下の指し手
       △7二歩 ▲7三歩成△同 歩
 ▲5五歩 △8九歩成▲5四歩 △同 銀
 ▲7四歩 △6八角 ▲7三歩成△7七角成
 ▲8二と △2五桂 (第4図)

 △7二歩と受けて桂損になるも先手に早い手はなく、また△8九歩成で駒損そのものも取り返せる。先手は▲5五歩~▲5四歩と取り込んで一歩を入手し、▲7四歩とあくまでここを狙う。後手も今度こそ受ける手はなく、△6八角は当然の一手であろう。
第4図 以下お互いに飛車を取り合って第4図。△2五桂はもし▲2六角や▲4八角ならば△5五馬でと金を抜いてしまおうという魂胆か。
 本譜は角を逃げずに▲7二とだったものの、△3七桂成▲同桂に△5三銀と逃げておいて駒得が大きく後手が有利だろうか。しかし実戦は先手を指し切りにする手を逃して後手が攻め急いだため形勢は逆転、福崎九段が勝利を飾る結果となった。

 定跡形からそのまま進まず力勝負の将棋となり、個人的には大いに勉強になった一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/191-3ca37212