四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

5筋位取りに5筋から反撃

 B級2組8回戦、二局目は西川-森戦を取り上げる。最近特に後手番で多様する森先生の四間飛車に、西川七段は5筋位取りで対抗、持久戦調の展開となり第1図を迎える。『四間飛車の急所1』P127のB図より△7三桂▲6六歩と進めれば同一局面となるが、ここでも振り飛車側には本通りの有力策があった。

第1図  第1図以下の指し手
       △5二飛 ▲4六銀 △5四歩
 ▲同 歩 △同 銀 ▲5五歩 △4五歩
 ▲5四歩 △4六歩 ▲同 歩 △5四飛
 (第2図)

 △5二飛と回るのがその有力策。5筋の位を確保するには▲4六銀しかないが、それでも△5四歩▲同歩△同銀と繰り出し▲5五歩に△4五歩が好手。どちらの銀で取っても△5五銀が幸便となる。本譜は銀の取り合いとなって、▲4六同歩に△5四飛で第2図を迎える。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4七金 △5一飛 ▲2四歩 △5五歩
 ▲4五銀 △5六銀 ▲同 銀 △同 歩
 ▲5五歩 △同 飛 ▲6七銀 (第3図)

 先手は▲4七金と守るが「構想に無理があったか」との西川七段のコメントがある。△5一飛▲2四歩に構わず△5五歩と打ち、▲4五銀にも△5六銀とぶち込む。▲2三歩成の余裕はないと見て先手は応対するが、△5六同歩と手順に伸ばして後手好調である。▲5五歩以下先手は飛車を近づけて受けようとするが…。
第3図  第3図以下の指し手
       △5七銀 ▲5六金 △6八銀成
 ▲同 玉 △2四角 ▲同 飛 △5六飛
 ▲2七飛 △4六飛 ▲4七歩 △3六飛
 ▲3七銀 △5六歩 (第4図)

 露骨に△5七銀と打ち込む手があった。▲5六金△6七銀成▲同金に△2四角とここで手を戻す。▲5五金と飛車を取るのは△4六角で王手飛車がかかってしまう。▲2四同飛には△5六飛と金を取り、▲5六同銀ならそこで△2四歩と取れば駒損でも陣形の差がありすぎて先手が勝てない。
第4図
 そこで5七の地点を受けつつ▲2七飛と引くのは仕方ないが、後手も△4六飛~3六飛と横に逃げて、▲3七銀と使わせてから△5六歩で第4図。
 ここで▲3六銀と飛車を取るのは△5七金で寄せられてしまう。実戦は▲5八銀打と頑張り、△3五飛▲2三飛成△5五飛以下後手の攻めも紙一重に見えたものの、結局最後は森九段が攻め合いから受けの決め手を放って終局、二敗を守り昇級戦線に踏みとどまった。一方の西川七段は三勝四敗で黒星が一つ先行する形に。

 森九段の豪快な捌きが、西川七段の手厚い5筋位取りを結果的には粉砕する形となった。攻める振り飛車としてはお手本とすべき一局。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2005/12/27(火) 17:43:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

5筋位取り

大会で5筋位取りを使って前半はおしていたのですが、後半銀の捌きで間違えてしまい負けてしまいました
5筋位取り愛用者いたら何かコメントをください

  • 2006/09/24(日) 19:29:14 |
  • URL |
  • hirulo41 #-
  • [ 編集]

私は対5筋位取りに弱いです。勝率は2割といったところでしょうか。

  • 2006/10/24(火) 11:12:21 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/190-d3ea1c1c