四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A級順位戦開幕

 名人戦はついに三勝三敗で第七局に突入だが、A級順位戦の方も一足早く開幕である。遅ればせながら久保-森下戦の棋譜を並べてみたので、その感想でも少々。

第1図 久保八段の先手四間飛車に森下九段は右銀急戦で対抗して第1図。筆者の研究している形との違いは、先手が端を詰めていることとそのぶん手数が遅れて3九玉、4七歩型になっている点である。ここから△7六歩▲同銀△7二飛と進めばまさに研究通りの手順だが、森下九段は△7六歩▲同銀に△7五歩▲6七銀△7三銀と立て直す、ゆっくりとした順を選んだ。
 以下は先手がさばけるか、後手が押さえ込めるかという戦いになり、いかにもプロらしいきめの細かいやり取りが続いて第2図。
第1図 せんすぶろぐのせんすさんは記事中で、この数手前に先手が▲8二歩と桂取りに打った手に対してなぜ△7三桂と逃げないのか疑問を抱いていたが、筆者も同意見である。
 本譜は飛車を取られている間に、馬を急所に引きつけた感がある。第2図で△3三銀は▲4五桂ぐらいで、5筋への攻めと▲9六銀の筋もありまずそうだが…。

  第2図以下の指し手
      △3三桂▲5六馬△7七成香
 ▲3四馬△3五歩▲5六銀△7六歩
 ▲6五歩△6六歩(第3図)
第3図
 △3三桂は仕方ないとはいえいかにも形が悪い。途中△3五歩は逆に▲3五桂と打たれる手を消したものだが、手順に▲5六銀と逃げられてしまった。▲6五歩で飛車の横利きも消し、第3図から▲1四歩△同歩▲1二歩△同香▲1三歩△同香▲3五馬が決め手。単純な香取りだが後手の持ち駒が飛車と歩だけなので恐ろしく受けづらい。以下いくばくもなく久保八段の勝ち。
 まさにさばきの極意、といった印象を受けたが、それにしても△7三桂に対してもうまい攻めがあるのだろうか。森下九段なら喜んで指しそうな手だが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントを頂いていたことに気がつきませんでした。これからもよろしくお願いいたします。

  • 2005/06/28(火) 23:43:05 |
  • URL |
  • せんす #-
  • [ 編集]

わざわざ有難うございます。コメントをつける記事が古すぎましたね。こちらこそよろしくお願いいたします。

  • 2005/06/29(水) 06:54:34 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/19-33344d16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。