四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3九玉型藤井システムの戦い

 C級2組順位戦第8回戦の長岡-西尾戦を見て行きたい。四間飛車対居飛車穴熊模様の将棋から、先手が▲2五桂~▲4五歩と仕掛けて激しい戦いとなり第1図。お互い角を取れる格好となっているが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲3三金 △同 桂 ▲4三角 △5三金
 ▲3四角成△4三歩 ▲同歩成 △同金寄
 ▲3五馬 △3四歩 ▲2六馬 (第2図)

 ▲3三金で取った角を4三角と打ち込み、△5三金▲3四角成と馬を作って先手がうまく指したようだが、そこで△4三歩と合わせるのが冷静な一手。▲同歩成△同金寄と手順に拠点を消しつつ先手の馬を追うことができた。▲2六馬のところで▲7一馬では△8六飛と走られてしまう。
第2図  第2図以下の指し手
       △6六銀 ▲同 銀 △8六飛
 ▲4四歩 △4二金引▲8八歩 △7九角
 ▲8七銀 △6八角成▲同 金 △8三飛

 後手も△6六銀で角を取り返し、待望の△8六飛を実現する。▲4四歩△4二金引の交換を入れれから▲8八歩と先手は受けるも、△7九角が当然とはいえ厳しい追撃。▲8七銀とここに手放して受けるようでは先手苦戦と思われる。後手は飛車角交換の後に△8三飛と引いて第3図。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲6一角 △6三飛 ▲7二角成△5三飛
 ▲8二馬 △4五桂(第4図)

 先手は▲6一角と二枚目の馬を作りにかかる。△6三飛には▲7二角成とこちらに成り、△5三飛に▲8二馬と活用を目指す。後手は△4五桂と跳ねて第4図。
 ここで本譜は▲6五銀と桂馬を取り、△同歩に▲4六馬と引きつけたものの、△6六飛以下の攻めを受けてしまった。
第4図 ▲6五銀に替えて▲6四馬のような手が普通に思えるが、△5七桂右成▲同銀△同桂成▲同金と清算され、△6九飛と下ろされるくらいで駄目ということだろうか。
 実戦は先手が粘りを見せて手数は長くなったものの、結果的には後手の勝ちに終わった。西尾四段は四勝三敗と白星が一つ先行。一方の長岡四段は初参加の順位戦で依然として一勝六敗と苦しい戦いが続く。

 第1図以下△4三歩が指されてみればなるほどという一手で勉強になった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/188-66792b6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。