四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位を取られた位取り

 C級2組順位戦第8回戦の川上-西村戦より。川上六段の四間飛車に対して西村九段は玉頭位取りで対抗、振り飛車は金を四段目に繰り出す定番の作戦を用いて第1図を迎える。『四間飛車の急所1』P160の第13図から▲8五歩△5一飛と進んだ局面を先後逆にして、居飛車の囲いの形を少し変えた局面であり、部分的には実戦で良く現れそうな形だが、ここからどのように進行していくのであろうか。

第1図  第1図以下の指し手
       △5二飛 ▲5五歩 △同 歩
 ▲同 銀 △5四歩 ▲同 銀 △同 銀
 ▲5五歩 (第2図)

 △5二飛とここに回るのはあまり見慣れない一手。先手は構わず▲5五歩と合わせて攻撃を開始する。△同歩▲同銀△5四歩に強く▲同銀と取り、居飛車が金銀どちらで取っても▲5五歩で金気を取り返せるという手順もこの形での常套手段だ。本譜は△5四同銀▲5五歩と進んだが、ここで後手はどう反撃するか。
第2図  第2図以下の指し手
       △4五歩 ▲5四歩 △7七角成
 ▲同 桂 △6八角 ▲6六角 △5九角成
 ▲同 金 △8九飛 ▲4八銀 △3三銀
 (第3図)

 △4五歩と突き、▲5四歩に△7七角成~△6八角で▲5九飛型を咎めた格好となった。しかし先手も▲6六角と攻防に放ち、△5九角成▲同金△8九飛にも▲4八銀と受けて、飛車一枚では居飛車にも早い攻めがなさそうだ。後手も△3三銀と手を戻して第3図。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲6四歩 △同 歩 ▲6三角 △8二飛
 ▲3六歩 △同 歩 ▲3五歩 △2三銀
 ▲5三歩成△同金上 ▲4五角成△4四歩
 ▲3六馬 (第4図)

 6筋を突き捨てて▲6三角が急所の角打ち。△8二飛に▲3六歩が気がつきにくい一手で、△同歩に▲3五歩と打つ。△同銀は▲4五金を嫌ったか△2三銀と引いたが、▲5三歩成以下馬を作り、△4四歩▲3六馬で逆に玉頭を振り飛車側が制圧する形となった。
第4図 とはいえ先手からもとりわけ早い攻めがあるわけではなく、局面自体はいい勝負か。第4図から△8六歩以下熱戦が続いたものの、結果的には終盤での千日手という結末に。打開する権利は先手にあり、実際形勢は先手良しにも見えたのだが…。
 指し直し局は川上六段が制して三勝目を上げた。西村九段は未だ一勝と苦しい星取りに。

 対玉頭位取りでのよくある形とよくある手順を経て、馬を引き付け筆者好みの手厚い指し回しを川上六段が見せてくれた。勝負はつかなかったものの参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

玉頭位取りは最近実戦例が少ないので非常に参考になりました。▲3六歩などは一見乱暴そうに見えましたが、第4図となってみると振り飛車に不満はほとんどないですよね。定跡書にこの局面があるならば馬が手厚く振り飛車有利とでも書いてあるんじゃないでしょうか。山中ー川上戦といい、本譜といい川上六段は読みが深いですね。

  • 2005/12/23(金) 00:45:17 |
  • URL |
  • 元藤井システム党 #-
  • [ 編集]

第4図は個人的にも振り飛車側をもって指したい局面ですね。川上六段は最近四間飛車を多用していますが、巧みな指し回しをいつも見せてくれるので注目の棋士の一人です。

  • 2005/12/23(金) 18:42:00 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/186-07027fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。