四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備えあれば憂い無しの角引き

 C級2組順位戦第8回戦の二局目は上野-室岡戦を取り上げる。後手の藤井システム模様に対して居飛車が▲3六歩と突いて△6二玉を強要、対する振り飛車は△3二飛と回って歩突きを咎めに行くという、部分的にはよくある展開となり第1図を迎える。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6八角 △4五歩 ▲6七金 △3五歩
 ▲同 歩 △4四角 ▲2四歩 △3五飛
 ▲4八銀 (第2図)

 ▲6八角が珍しい一手。後手は△4五歩~△3五歩~△4四角と良くある仕掛けを敢行する。▲2四歩△3五飛にいったん▲3七歩と収める手もありそうだが、▲4八銀と引くのが飛車取りとなり、先の▲6八角を活かすことができた。▲2三歩成も残っており、ここでは後手が忙しい局面となっている。
第2図  第2図以下の指し手
       △9六歩 ▲同 歩 △9七歩
 ▲同 玉 △2四歩 ▲3五角 △同 角
 ▲8八玉 (第3図)

 後手は端に手をつけるも、△9七歩に▲同玉が力強い一手で後続手段がなさそうだ。そこで△2四歩と手を戻したものの、▲3五角△同角と飛車角交換の後に▲8八玉と戻ったのが落ち着いた一手で、第3図では既に先手良しではないだろうか。以下もう少し実戦の進行を見て行くことにする。
第3図  第3図以下の指し手
       △9七歩 ▲同 香 △8五桂
 ▲3一飛 △9七桂成▲同 桂 △9六香
 ▲3五飛成△9七香成▲7八玉 (第4図)

 △9七歩▲同香△8五桂と、最後の一歩を使って後手は攻めをつなごうとする。しかし構わず▲3一飛と下ろされては劣勢の感は否めない。△9七桂成▲同桂に△4四角では駄目と見たか△9六香と走るも、▲3五飛成と駒得して先手悪かろう理屈がない。△9七香成を取ると△6四角があるため、▲7八玉と逃げて第4図。
第4図 名人戦棋譜速報によると控室の検討では「駒得が大きく上野良しと断定している」とのこと。この見解は正しかったようで、実戦も以下攻め合いを制して上野四段の勝ちとなった。この結果、敗れた室岡七段とともに四勝三敗という成績に。

 第1図での▲6八角が「備えあれば憂い無し」の一着で、後手の3筋からの仕掛けは結果的に失敗に終わった。応用範囲も広そうで、振り飛車側としては覚えておくべき形か。後手の端攻めをいなした先手の受けとともに参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/185-16d11003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。