四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相振り中飛車からの緩急自在な攻め

 C級1組順位戦第8回戦、本日は中田功-長沼戦を見て行きたい。初手▲5六歩から中飛車対三間飛車という相振り飛車の将棋となり第1図、9筋で一歩を手にしてポイントを稼いだ先手に対して、後手は独特の陣形を敷いて厚みで対抗している。次に△5五金と出られるような手が目につくが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6四角 △同 金 ▲2三金 △6二飛
 ▲2二金 △同 飛 ▲5四歩 △同 金
 ▲7七桂 △4四角 (第2図)

 金気を手にして2三に打ち込む筋は対三間飛車で2筋を突いている場合によく生じる筋。▲2二金△同飛と角を取り返して▲5四歩が軽妙な一手。△同歩は▲3一角、△同銀は▲4四角があるため△同金と取るのは仕方ない。そこで▲7七桂と活用して先手好調である。後手は△4四角で攻めを牽制するが…。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6五桂 △6三金 ▲7三歩 △同 桂
 ▲6六歩 △9四歩 ▲7三桂成△同 金
 ▲6五銀 △5五金 (第3図)

 当たりになっている桂馬を▲6五桂と跳ねるのが味の良い一手。△6三金と受けるところでは△5五金打も考えられるが、さすがに指す気がしないか。▲7三歩△同桂にじっと▲6六歩と力を溜め、△9四歩の催促に▲7三桂成△同金▲6五銀と駒をぶつけていく。後手は△5五金と避わして第3図、ここが決めどころだ。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲5五同飛△同 角 ▲5六金 △4四角
 ▲7五歩 △同 歩 ▲5五桂 △5四銀
 ▲同 銀 △同 歩 ▲4三桂成△6二角
 ▲5三銀 (第4図)

 ▲5五同飛と飛車を切り、△同角に▲5六金と打つのが手厚い攻め。△4四角に▲7五歩△同歩の交換を入れて▲5五桂も鋭い。△5二銀などでは▲9四香~▲7四歩があるため△5四銀だが、▲同銀△同歩に今度は▲4三桂成が実現した。
第4図 △6二角に▲5三銀と追撃した第4図では先手の攻めが筋に入った格好である。後手も△3六歩以下反撃したものの、▲4四角が厳しく以下二十手ほどで先手の勝ちとなった。中田功七段は四連敗のスタートから三連勝と巻き返して三勝四敗。対照的に長沼六段は四連勝の後の三連敗となり四勝三敗となった。

 『相振り革命3』では相振りの中飛車は別の場所に飛車を振り直すことが多いと記されていたが、本局は中飛車のままの攻めが成功した格好となった。先手の緩急自在の指し回しが参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

JT将棋日本シリーズ決勝

いつも楽しく拝見させていただいています。

12月11日に行われたJT将棋日本シリーズ決勝の藤井ー郷田戦をぜひ取り上げていただきたいと思います。可能でしょうか?

  • 2005/12/15(木) 16:53:09 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

Re:JT将棋日本シリーズ決勝

今のところ当ブログで取り上げる予定はありません。JT将棋日本シリーズのホームページに総譜と講評がありますので、そちらをご覧下さい。

  • 2005/12/15(木) 20:10:07 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

僕もよく相振りで中飛車されて浮き飛車で飛先交換をふせがれて作戦負けになるんですが、プロの評判あんまりよくないみたいですよね。でも結構有力じゃないでしょうかね。

  • 2005/12/15(木) 22:25:33 |
  • URL |
  • 元藤井システム党 #-
  • [ 編集]

近藤五段などは中飛車にしても相振り飛車になった場合は別のところに振り直すことが多いですが、本局は中飛車のままで攻めが成功した例ですね。やはり相振りの指し方は人それぞれ、といったところでしょうか。

  • 2005/12/16(金) 19:44:44 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/182-1d6b95b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。