四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お互いに急所を攻め合う

 引き続きC級1組順位戦第8回戦より、小倉-千葉戦を取り上げる。両者向い飛車に構えての相振り飛車となり、先手は金無双に、後手は美濃囲いに組んで第1図。お互いに飛車先を切り、ここから本格的な戦いが始まる。

第1図  第1図以下の指し手
       △5五歩 ▲7七桂 △4六歩
 ▲同 歩 △5六歩 ▲同 銀 △4五歩
 (第2図)

 △5五歩▲7七桂に△4六歩と後手は金無双の急所に手をつける。これにはさすがに▲同歩の一手だろう。そこで△5六歩▲同銀に△4五歩と合わせて第2図。▲4五同歩なら△同銀が成立するため(▲同銀は△6六角、▲3三角成は△同桂で4五の銀にヒモがつく)、先手もここで手抜いて攻め合いを目指す。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲9四歩 △同 歩 ▲9二歩 △同 香
 ▲9三歩 △同 香 ▲8五桂 △4六歩
 ▲5五歩 △8四歩 (第3図)

 後手の美濃囲いの急所は何と言っても端である。▲9四歩以下香車を吊り上げて▲8五桂と跳ねたが、△4六歩と取り込まれた手も大きそうだ。△4五銀の筋を消して▲5五歩は渋い一着だが、ここで自陣に手をやるようでは先手としてもやや不満か。後手は△8四歩と突いて先手の攻めを催促する。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲9三桂成△同 桂 ▲9四香 △9二歩
 ▲8四飛 △8三歩 ▲8七飛 △5四歩
 ▲9五香 △8一桂 ▲5四歩 △4五銀
 (第4図)

 ▲9三桂成△同桂▲9四香にも△9二歩と受けてすぐに潰れるというわけではない。▲8四飛△8三歩▲8七飛で攻めが一段落した隙を突いて、後手は△5四歩とこじ開けにかかる。▲9五香△8一桂に▲9七飛なら端は破れそうだが玉を7一に手順に逃がすだけと見たか▲5四歩と手を戻し、ついに△4五銀が実現した。
第4図
  第4図以下の指し手
 ▲5五銀 △同 角 ▲同 角 △5四飛
 ▲5六歩 △同 銀 ▲4六角 △4七歩
 (第5図)

 前述の通り▲4五同銀は△6六角で論外、かと言って▲3三角成△同桂と桂馬をさばかせるわけにもいかない。▲5五銀は苦心の一手だが△同角とばっさり切られて、▲同角△5四飛が味の良い飛車回り。▲1一角成では△4七銀で壊滅してしまうため▲5六歩△同銀▲4六角と歩を払うも、今度は△4七歩が生じた。
第5図
 飛車を成り込まれる筋があるためこの歩を取れない。実戦は▲4九金と辛抱したものの、△5七歩をも許してしまっては先手は持たない。以下▲5九金引△4八歩成▲同金左△4七銀打と露骨に攻められ、その後も反撃も及ばず後手が制勝、千葉五段は一敗を守った。一方の小倉七段は三勝四敗と黒星が一つ先行する形に。

 金無双と美濃囲い、互いの急所を攻め合うスリリングな展開となったが、金無双の壁銀が結果的には災いした。双方の教科書通りとも言うべき攻めが非常に参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

やっぱ脆いっすね、金無双。ますます印象悪くなりましたよ。本譜の序盤はわかりませんが金無双の採用がやはりよくないんじゃないですか。

  • 2005/12/15(木) 22:15:34 |
  • URL |
  • 元藤井システム党 #-
  • [ 編集]

金無双が悪いというよりは壁銀が悪い、という印象もありますね。それにしても昔は相振り飛車というとこの囲いの採用率が最も高かったのですが、近年ではずいぶんと減ったものです。

  • 2005/12/16(金) 19:46:21 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/181-1f0e7979
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。