四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

この負け方ではゴキゲンどころか…

 C級1組順位戦第8回戦の近藤-宮田敦戦より。近藤五段お得意の中飛車に対して宮田五段は相振り飛車の作戦を選択、第1図を迎える。まだまだ序盤の何気ない局面のように思えるが、▲4六歩を見て後手は果敢に動いた。

第1図  第1図以下の指し手
       △4五歩 ▲同 歩 △8八角成
 ▲同 飛 △5五歩 ▲4八金 △3三桂
 ▲5五歩 (第2図)

 △4五歩が機敏な仕掛け。▲同歩に△8八角成▲同飛と角交換をして△5五歩と突く。これに対して▲5五同歩では△3六歩以下後手に暴れられて駄目ということなのだろうか。本譜の▲4八金には△3三桂の活用が味良く、▲4六銀では△5六歩と取り込まれてしまう。そこで▲5五歩と開き直って第2図。
第2図  第2図以下の指し手
       △3六歩 ▲同 歩 △4五桂
 ▲5六銀 △6六角 ▲7九角 △4四銀
 ▲4六歩 △3六飛 ▲4七銀引(第3図)

 △3六歩▲同歩△4五桂が厳しい攻め。▲4六銀と逃げるのは△3六飛▲4五銀△4六飛▲3四銀△4七歩くらいで、△6六角の王手飛車があり指し切れないと見たか実戦は▲5六銀だが、やはり△6六角が痛打となった。▲7九角は涙の出るような辛抱だが、△4四銀と力を溜められていよいよ先手は困った。第3図では豪快な決め手がある。
第3図
  第3図以下の指し手
       △3八飛成▲同 玉 △3七歩
 ▲同 桂 △2九銀 ▲同 玉 △4八角成
 ▲同 飛 △3七桂成(第4図)

 △3八飛成と飛車を切るのが好手。▲同玉△3七歩▲同桂に△2九銀もうまい手で、▲2八玉なら△3七桂成▲同金(▲同玉は△8八角成~△3九飛が王手金取り)△8八角成▲同角△4八飛、▲4九玉なら△3七桂成▲同金△5七桂で攻めが続く。
第4図 ▲2九同玉には△4八角成▲同飛△3七桂成と進んで第4図、大駒両方を切られて先手陣は壊滅してしまった。以下飛車を横に逃げるのは△4七成桂で一手一手なので▲5八金と受けるも、△4八成桂▲同金△6九飛▲3九飛△同飛成▲同玉△6九飛までで後手の勝ちとなった。

 わずか56手での決着。ゴキゲン中飛車で有名な近藤五段だが、この負け方ではゴキゲンどころかフキゲンに違いない。第1図での▲4六歩が不急の一手に見えるが、4筋の位を後手に与えるのは嫌だったという意味だろうか。

 『相振り革命3』には先手が中飛車の時に相振り飛車になった場合、5八の飛車を他の場所に振り直す作戦が有力と記されていたが、その暇を近藤五段に与えない宮田五段の鋭い踏み込みが光った一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/180-b95c8c92