四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自戦記 de 文体模写 森下卓編

第1図 私の四間飛車に対して、後手は6五歩早仕掛けの意思表示を見せて第1図となった。部分的には定跡形だが、振り飛車が先手番なので▲3七桂の一手が入っており、このまま△8六歩▲同歩△6六歩▲同歩△6五歩▲同銀…の進行は不満のないところである。
 それを嫌ったか後手は△6三銀と上がり二枚銀模様に組んできた。以下▲9八香に△8六歩と仕掛けられるが、そこで▲8六同角と取ったのが趣向である。
 早仕掛けに対して▲8六同角(△2四同角)と取る形は、郷田九段の新手△1五歩(▲9五歩)によって現在ではほとんど姿を消している。
参考図 しかし△6三銀と上がっているこの形では成立すると見た。第1図以下の手順からまとめて整理すると、△6三銀▲9八香△8六歩▲同角、以下△6六歩▲同銀に△6七歩と打てば、▲同飛△8六飛▲同歩△7八角▲6八飛△8九角成▲6九飛打△7七桂までは一直線の変化である。
 そこで▲5九飛に△1五歩から一歩入手しての△6七歩を狙うのが新構想で有力だが、この場合は△7七桂をあっさり▲同銀と取り、△同角成に▲6三飛成が実現する(参考図)。こうなれば△6三銀と上がった手をとがめていることになり、振り飛車の指せる将棋となる。
第2図 現実にはそのような甘い進行にはならず、相手は△6六歩▲同銀に△6五歩と打ってきた。先手も▲7七銀と引くしかなく、以下十数手進んで第2図となる。昔類似形を指した覚えはあったのだが、詳細はすっかり忘れている。情けない自分に呆れ果てながらも私の選んだ手順は…。

  第2図以下の指し手
 ▲6六歩 △同 歩 ▲同 銀 △6五歩
 ▲5七銀 △7五歩 ▲4五歩 △同 歩
 ▲4四歩 △同 金 ▲7七角 △5五歩 
 (第3図)
第3図 ▲6六歩と合わせて銀を組み替えてはみたものの、形で指しているだけで読みの裏付けは皆無に等しい。万全の態勢から△7五歩と突かれ、既に自分が悪くなっていることに気づき愕然とした。苦し紛れに暴れようとしてみたものの、第3図となっては完全に私の飛車角が押さえ込まれている。
 以下も差は広がるばかりだったが、相手の一失に付け込んで最終的には勝利を収めた。しかしこのような将棋を指していては、厳しい二十一世紀の将棋界で勝ち残ることは出来ない。自戒の念を抱くとともに、さらなる努力精進を重ねてもっと強くならねばと心に誓った。
 対局終了後に昔指した類似形の将棋を探してみた。具体的な手順を覚えていないのでは意味がないが、いつ誰と指したかだけは思い出していたので、すぐに目当ての棋譜を見つけることができた。早速並べてみて、私はその内容に愕然とすることになる。

第1図 私が発見した類似形の将棋は第1図。先程の将棋の第2図と比較すれば分かるが、ここで△8一飛と引けば全くの同一局面となる。少し長くなるが実戦での手順を記す。

  第1図以下の指し手
       △7五歩 ▲6六歩 △同 歩
 ▲同 銀 △7六歩 ▲6五歩 △5三銀
 ▲7五銀 △7七歩成▲同 桂 △7六歩
 ▲6四歩 △7七歩成▲6三歩成△6八と
 ▲5ニと △同 飛 ▲7四銀 (第2図)
第2図 後手は△7五歩と素早く仕掛けてきた。対して▲6六歩と合わせるのが肝心の一手。この場合は銀が7七に居たほうが優るのである。先程述べた将棋にしても、5七銀型とはいえせめて同じように△7五歩に▲6六歩と合わせるべきであろう。それが▲4五歩とは…自らの危機意識の無さに嫌気が指した。
 話を戻して、実戦は第2図のように進んだ。手順も長く途中で変化も多いが、こうなれば振り飛車も全ての駒がさばけて有望である。以下攻め倒して勝ち切ることができた。
 改めて私は愕然とした。この棋譜は9年ほど前のものであるが、昔の私のほうがよほど巧みに指し回しているではないか。最近実戦に現れない形とはいえ、このようなことでは昔の自分に笑われてしまう。この恥ずべき現状を打開するためには、鍛錬に次ぐ鍛錬しかない。形だけで読みの入っていない手、危機意識の欠落した手を無くすためにも、もっともっと強くならねばならないと思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/18-9167e6e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。