四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

対▲6八角型の研究

 対居飛車穴熊の▲6八角(△4二角型)で気になる変化が生じたので研究してみたい。前回の自戦記『島ノート』に載っている形とほぼ同じ局面となり、この変化は振り飛車が良いはずという前提の元に取り上げた。
 しかし自戦記第1図より6筋に歩を三連打して飛車先を止め、△4五歩と囲いの急所を突けば居飛車が指せるのではないかというせんすさんの御指摘があった。詳しくはせんすぶろぐを見て頂きたい。
 筆者としてもこの意見には納得せざるを得ない。とすると居飛車の△8六歩を▲同角と取る手は成立することになる。そこで▲同歩と取る変化を改めて研究してみたい。振り飛車を後手番とし、囲いを銀冠ではなく高美濃のままにするなどして条件を悪くしたのが第1図。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107第5図と同一局面である。

第1図 第1図から後手は△2四同歩と取る。△2四同角の時と同様に▲3五歩と飛車の横利きを通す手もありそうだが、竜王本では▲5六歩が紹介されている。銀を逃げていられない振り飛車は強く△4六歩と突き出す。そこで▲4五桂という奇抜な一手もあるようだが、▲5五歩と銀を取る手が本筋と記されている。
 以下△4七歩成▲4五歩△5八と▲8六角△5七と▲同金と進んで第2図。依然として『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』と同一の進行であり、同著P112第2図と同一局面となった。
第2図 ここから△5五角と出るのは▲2四飛△2二歩に▲6五歩とやはり急所を攻められる。「以下△同桂▲5六金△3七角成▲6五金と進めば先手優勢」とのこと。
 角の睨みを消すために第2図で△8五歩が最善なのではないか。銀冠ではないので突きにくい意味もあるが、前述の変化を見せられてはそうも言っていられない。△8五歩▲7七角にそこで△5五角でどうか。▲2四飛△2二歩と受けた時に居飛車がどう指すか、が今後の研究課題であろう。単純に▲2三歩くらいでも嫌な感じはするが…。

 仮に第2図で先手が▲7九金型ならば、△8五歩▲7七角に△5六歩▲同金△6七銀が有力となる(『振り飛車ワールド’04 第1巻』参照)。

 ▲2六角型が最近実戦例も多くプロ間では最先端という印象が強いが、▲6八角型も無論のこと有力でまだまだ研究の余地はありそうである。筆者の対戦相手はあまりこの形を採用してこないのだが、機会があれば再考察したいところだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/178-d5f35629