四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

溜める藤井システム

 12月6日に行なわれたC級1組順位戦第8回戦の将棋を何局か取り上げて行きたい。まずは石川-児玉戦より。千日手指し直しとなった本局は先手の石川六段が引き続き四間飛車を採用、藤井システムの布陣を敷いた。対する児玉七段は一目散に居飛穴に囲って第1図。
 この形にはとかく疎い筆者であるが、『これが最前線だ!』P51に類似形を発見した。しかし同著では△7四歩と▲4八玉の二手が入っている。近年では必須とも思えるこの交換をしていないあたり、見たところ居飛車側が無策であるような印象を受けるが、この後はどのように展開していくのであろうか。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △2二角 ▲4四歩 △同 銀
 ▲2五桂 △5五歩 ▲5六歩 △4三金
 ▲5五歩 △同 銀 (第2図)

 ▲4五歩に△2二角は『これが最前線だ!』によると堀口一四段(当時)の新手。以下も本の通り進むが、△5五歩に▲5六歩が真新しい一手。『これが最前線だ!』P52には▲1三桂成以下いきなり切り込む手順が紹介されているが、本譜は力を溜めて攻めようという狙いか。▲5五歩△同銀と後手銀を不安定にさせて第2図。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲1四歩 △同 歩 ▲1三歩 △同 香
 ▲同桂成 △同 桂 ▲1二歩 △同 玉
 ▲1四香 △1五歩 (第3図)

 ▲1四歩からいよいよ端攻めが開始された。1三の地点で清算して桂馬と香車を交換し、▲1二歩は玉を吊り上げるとともに△1二歩の受けを消す手筋の叩き。▲1四香と走った手に△1五歩は見慣れない感触だが、次に香車を二枚重ねにされて攻められる手を防いだ苦心の一手だろうか。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲4五歩 △2四歩 ▲3五歩 △3二金
 ▲3七銀 △2三金 ▲1三香成△同 金
 ▲3四歩 △5一香 ▲5七歩 (第4図)

 ▲4五歩が拠点を作りつつ▲4四香の打ち込みを見せた渋い一着。後手は△2三歩と玉の懐を広げ、△3二金~△2三金で▲1三香成を促して攻めを催促する。その間に先手も▲3七銀と手厚く上がり、▲3五歩~▲3四歩と取り込んで後手陣に嫌味をつけることに成功した。
第4図 △5一香は5五の銀にヒモをつけながら間接的に先手陣を睨む攻防の一手だが、▲5七歩と冷静に対処して第4図。ここまでの攻防を見るとやはり後手の玉形だけが一方的に崩されている。
 第4図以下も着実な攻めを続けた先手が快勝し、石川六段は一敗を守って昇級戦線に踏みとどまった。逆に児玉七段はこれで七連敗と未だに初日が出ない。

 藤井システムというと多少強引でも一気呵成に襲い掛かる戦法というイメージがあるが、本局は石川六段の棋風らしく力を溜めての攻めが参考になった一局。
スポンサーサイト

コメント

すごい。定跡化しそうな新しい手順ですねy。石川先生の将棋はファンに魅せる意識がありますね。

  • 2005/12/09(金) 07:32:41 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

居飛車があまりに一目散に穴熊に囲っているので定跡となるかは微妙ですが、石川先生らしさが出ている手順ですね。

  • 2005/12/09(金) 19:38:24 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/177-80603803