四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対居飛車穴熊、最新形の戦い

 将棋倶楽部24の実戦より。筆者の後手四間飛車対先手の居飛車穴熊となり、銀を引いて松尾流に組み替える手を△5三銀(便宜上先後を逆にしてあるので図面では▲5七銀)と飛車先を通して阻止する定跡となり第1図。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P92の結果図から△3三角▲3四飛△4六歩と進んだ局面であり、銀河戦特別対局の中村亮-橋本戦、銀河戦Fブロック2回戦の山中アマ-川上戦と同一の進行である。

第1図  第1図以下の指し手
       △7三桂 ▲6三歩成△8五桂
 ▲5五角 △6七歩 ▲4八飛 △7九飛成
 ▲5三と △8九竜 (第2図)

 △7三桂▲6三歩成に△8五桂で中村亮-橋本戦とは別の展開となった。▲5五角と逃げる手に△6七歩は手筋の一着で、▲4八飛と手順に逃がすようだが▲6九歩と底歩を打つ筋を消している。△7九飛成に▲5三とと近づけるのは大きな一手だが、△8九竜と桂馬を取られて持ち駒銀一枚で攻めがあるだろうか。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4二銀 △3五歩 ▲3三銀成△同 金
 ▲同角成 △同 銀 ▲4三と △3六歩
 ▲3二金 (第3図)

 ▲4二銀と張り付いて意外と受けづらい。△3五歩と攻め合いに活路を見出そうとするが、▲3三銀成△同金に▲同角成とばっさり切るのが決断の一手。戻って△3三同銀でも▲4三金が厳しそうだ。本譜は▲4三とで三枚の攻めだが切れることはなさそう。とはいえ△3六歩は淡白でここで何か受ければ難しかった。
第3図 △2二銀打なら▲3二金と打っておくくらいか。△3一銀が変な形の受けだが一番厄介か。いずれにせよ金が持ち駒にない居飛穴側は受けの手段が限られている。
 実戦は▲3二金と打って第3図。次の▲3三とが受けづらい。銀を渡すと自玉が詰めろになるので△3七銀と攻めることもできず、ここで投了となった。

 本譜はうまく行き過ぎの感があるが、定跡形から変化されても珍しくまともに対応できたこともあり、筆者としては納得のいく一局であった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/175-b9a7047b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。