四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対居飛車穴熊(▲2六角・3七桂型) △6五歩(2)

 前日に引き続き先手居飛車穴熊(▲2六角・3七桂型)対後手四間飛車の将棋を調べてみる。前回では△6五歩▲同歩△同桂▲6六銀に△6四歩と打つ変化を調べてみたが、第1図のように△6四銀と上がるとどのような展開となるだろうか。

第1図  第1図以下の指し手1
 ▲7五歩 △4六歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲7四歩 △4九飛成▲7八飛 (第2図)

 ▲7五歩は高美濃の急所を突く一手。対して後手も△4六歩と強く攻め合ってみる。ここで▲7四歩なら△4七歩成▲7八飛と筆者の実戦通り進むが、△7七歩▲同桂に△同桂成ではなく△5七とがあるのではないか。▲6五銀や▲6五桂なら△6七とが厳しい。▲5七同銀なら△同桂成▲同金に△7六歩がありいずれも後手が指せると思う。
第2図 そこで先手はいったん▲4六同歩と取る。△同飛にそこで▲7四歩と取り込み、△4九飛成▲7八飛で第2図。
 ここで後手はどう指すべきか。△1九竜のような手だと▲6五銀△同銀▲6四歩の攻めがうるさい。△6二金引は▲同角成△同金▲6三金とガジガジ攻められてまずそうだ。
 第2図では打ちづらいが△4四歩はないだろうか。角筋を止めてしまえば先手の攻撃力も半減する。また△2九竜で角をいじめる手も残っており、一気に潰されることがなければ振り飛車が指せるのではないか。
第3図  第1図以下の指し手2
 ▲6五銀 △同 銀 ▲6四歩 △6二金
 ▲5七桂 △6六歩 (第3図)

 第1図から▲6五銀と取る手も、△同銀に▲6四歩△6二金が入り怖い手である。先手は▲5七桂と打って攻めの継続を図るが、そこで△6六歩と切り返せば後手が良さそうだ。
 第3図以下金を逃げれば△5六銀。▲6五桂△6七歩成▲5三桂成△7八銀の攻め合いは振り飛車に分がある。▲4五桂左とひねって指すのも△6七歩成▲3三桂成△同桂でと金が大きい。

 第1図の局面で先手に他の手もありそうだが、筆者の見解では振り飛車が充分に戦えそうである。次回は先手が△6五歩そのものを取らず、▲7五歩と攻めに行く変化の研究に移りたい。
スポンサーサイト

コメント

第3図で
▲6五桂△6七歩成に▲6二角成でどうでしょうか。△同金は▲5一銀、△同飛は▲6三銀で先手指せる、と思いますがいかかがですか。

  • 2006/04/05(水) 12:59:13 |
  • URL |
  • 暇人 #-
  • [ 編集]

なるほど、いきなり角を切る手があるのですね。
確かにこれでは振り飛車が大変かもしれません。今後の研究課題としたいと思います。

  • 2006/04/05(水) 21:50:12 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/174-9f541682
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。