四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対居飛車穴熊(▲2六角・3七桂型) △6五歩(1)

 NHK杯の深浦-川上戦で現れ、筆者の課題局面となっていた先手居飛車穴熊(▲2六角・3七桂型)対後手四間飛車の将棋を今回から研究してみたい。まず基本図は第1図と定める。

第1図 川上六段はここで△1三香と指したが、振り飛車が一方的に攻められる展開となってしまった。個人的には香を上がって手待ちをするよりもここで△6五歩と仕掛ける方が有力に思える。
 △6五歩に対して先手はどう対処するか。▲6五同歩と素直に取る手、手抜いて▲7五歩△同歩▲2四歩と攻め込む手の両方が考えられる。それぞれ順を追って解説していきたい。
 △6五歩を▲同歩と取れば△同桂▲6六銀までは必然である(第2図)。この局面が後手にとっても分岐点だ。△6四歩と打つか、△6四銀と上がるか。まずは前者から調べていく。
第2図  第2図以下の指し手その1
       △6四歩 ▲2四歩 △同 歩
 ▲7五歩 △4六歩 ▲6五銀 △同 歩
 ▲4五桂打(第3図)

 △6四歩と打って後手は次の△4六歩を狙う。▲4八飛のよう手では△6六角▲同金△5七銀の筋があり先手はこれを受けにくいが、▲2四歩△同歩▲7五歩が『東大将棋四間飛車道場 第十二巻』P127に載っていた手順。△4六歩に▲6五銀△同歩▲4五桂打と反撃して第3図となる。
第3図  第3図以下の指し手
       △8八角成▲同 金 △6二銀
 ▲4四角打 (第4図)

 △4四角と逃げるのは▲5三桂成で悪いので△8八角成と切るのはこの一手だと思う。▲同金に銀の逃げ方が三通りあるが、△4四銀は▲3一角△3二飛▲4四角△3一飛▲5三桂成で後手が悪い。
 △6四銀と逃げるのが形だが、やはり▲3一角と打たれて△3二飛▲6四角成△同金▲5三角成の筋が気になる(参考1図)。
参考1図 参考1図で△6三金なら▲4三馬△2二飛▲5三桂成で先手好調である。△7三銀打のような受けでも▲2四飛と走られ、△2二歩にそこで▲4三馬~▲5三桂成とやはり手順に成り込まれてしまう。
 そこで△6二銀と逃げてみたものの、▲4四角打が次の▲5三桂成と▲1一角成を見て好打となる(第4図)。両方を一度に防ぐ手はなく、筆者の見解では後手の難局と思う。穴熊も金一枚で薄いが、飛車の横利きが通っている現状では先手玉を寄せにくい。また▲1一角成と馬を作る展開になれば自陣にも利いてくる。
第4図 第2図で△6四歩は狙いの△4六歩の瞬間に反撃され、『東大将棋四間飛車道場 第十二巻』では「形勢不明」「難解」と評されているが個人的にはやや不満に思う。第4図などは玉の堅さに差があり実戦的には後手も戦えると思えなくもないのだが…。
 ともあれ次回では第2図で△6四銀と上がる手を調べてみることにする。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/173-39e18ce0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。