四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛車先交換が呼んだ波紋

 引き続きC級2組順位戦第7回戦の高田-藤倉戦より。藤倉四段の三間飛車に対して、高田六段は自著の『高田流新感覚振り飛車破り』にも載っている左玉戦法で対抗し第1図。まだまだ序盤戦のように見えるが、ここから急展開を見せる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩
 ▲8九飛 △2六歩 ▲同 歩 △6六角
 ▲同 銀 △4九銀 (第2図)

 8筋の歩を交換して▲8九飛と引くのは自然な形。次に▲7八玉と上がれば左玉の完成だが、この瞬間に後手が動いて来た。
 △2六歩▲同歩を入れてから△6六角と切り、▲同銀に△4九銀と割り打ちを放つ。普通は▲4八金右と逃げるところだが、この場合は△5八銀成~△2六飛で2筋を破られてしまう。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4八金左△3八銀成▲同 金 △6七金
 ▲5七銀 △2八歩 ▲同 金 △5五歩
 ▲5八銀 (第3図)

 2筋を守って▲4八金左は仕方ないが、守備金が離れたために△6七金と打たれる手が生じてしまった。▲5七銀の受けにすぐ角を取らず、手筋の△2八歩を放って▲同金と取らせてから△5五歩と突く。次に△5六歩と取り込む手が、▲同銀には△2六飛の十字飛車があるため厳しい。先手は▲5八銀と催促して第3図。
第3図  第3図以下の指し手
       △5八同金▲同 玉 △5六歩
 ▲4八銀 △5七銀 ▲同 銀 △同歩成
 ▲同 角 △5六歩 ▲7五角 △4六歩
 (第4図) 

 △5八同金と角ではなく銀を取り、▲同玉に△5六歩と取り込むのが工夫した攻め。前述した通り▲同銀とは取れないので▲4八銀と引くが、露骨に△5七銀と打ち込んで駒をはがしに行く。続いて△5六歩も厳しいが、▲7五角に△4六歩で後手の攻めも一段落といったところか。
第4図 第4図以下も難しい戦いが続いたが、後手玉は1二に逃げ延び、先手玉は4三まで潜り込んだものの即詰みに討ち取られ、藤倉四段が四勝目を上げた。一方の高田六段は二勝五敗と星が伸びない。

 第1図で▲7八玉ならば無難な戦いが予想されたが、あるいは先手が攻めを誘ったのだろうか。後手の強襲が成立しているか定かではないものの、とかく将棋が日和見主義的な筆者にとっては、隙を見逃さない藤倉四段の激しい動きが参考になった一局。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/171-621e4d73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。