四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

C級2組順位戦第7回戦 一敗同士の対決

 C級2組順位戦第7回戦に戻って、中村亮-安用寺戦という一敗同士の直接対決を見て行きたい。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから相振り飛車となり第1図、ごく普通の序盤に見えるがここから先手の中村亮四段が趣向を凝らした駒組みを見せる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲3七桂 △4四歩 ▲2六歩 △4二角
 ▲6五歩 △3三桂 ▲5六銀 △2一飛
 ▲4六歩 △2五歩 (図略)

 ▲3七桂が珍しい一手。次の▲4五桂を防いで△4四歩に▲2六歩と突き、銀冠に組み上げる狙いか。しかし後手も△4二角~△3三桂と機敏に応対、△2五歩を実現した。以下桂交換になったが若干後手が得をしたようにも思える。
 結局先手は矢倉に組んで第2図。囲いが未完成な後手だがここで動く。
第2図  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲同 角 △5四銀
 ▲6六角 △5五歩 ▲同 銀 △同 銀
 ▲同 角 △5四銀 ▲6六角 △4五歩
 (第3図)

 △5五歩を▲同銀とは取れず▲同角の一手。以下後手は一歩を代償にして強引に銀交換を果たし、取った銀を再び5四に打ち付ける。▲6六角にそこで△4五歩と突いて第3図。盤上の先手銀を消してからいよいよ本格的な攻撃態勢に入った。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲4五同歩△同 銀 ▲4六歩 △3六歩
 ▲4五歩 △3七歩成▲同金直 △2五桂
 ▲7五桂 △7二銀 (第4図)

 △3六歩に▲同銀は△4六銀、▲同金は△同銀▲同銀△4六角があるため▲4五歩はこれしかないところ。△3七歩成▲同金直に△2五桂と追撃の手を緩めない。個人的には▲3六金直と上がって受け切りを狙いたいところだが、先手は▲7五桂と反撃の味を見せる。後手も△7二銀で遅ればせながら美濃囲いが完成した。
第4図  第4図以下の指し手
 ▲4八玉 △4五飛 ▲4六銀 △3九銀
 ▲同 玉 △3七桂成▲同 金 △4六角
 ▲同 銀 △同 飛 (第5図)

 ▲4八玉について名人戦棋譜速報では『この局面で中村は劣勢を意識していたようで「仕方がなかった」』とあるが、ここでも▲3六金直はないのだろうか。本譜は後手に好調な攻めが続き、△3九銀が「玉は下段に落とせ」という格言通りの好手。▲同玉にここで△3七桂成と金を取るのが巧みな後続手段だ。
第5図 以下▲3七同金△4六角▲同銀△同飛と進んで第5図。この局面は先手玉に△3八歩▲2九玉△2八金▲同玉△3九銀以下の詰めろがかかっている。最後は二枚の飛車のみでぴったり詰み上がる形となる。実戦は▲7四桂△同玉▲5五角△7三銀打▲4六角と飛車を抜いたものの直後の△4七金が厳しく、そのまま後手が押し切って勝ち名乗りを上げた。
 中村亮四段にとっては手痛い二敗目。一方の安用寺四段は一敗を守るとともに、この勝利で規定により五段への昇段を果たした。

 第1図で▲3七銀ではなく▲3七桂と跳ねる形は初めて見た。本譜のように桂交換となってはあまり面白くなさそうだが、発想自体は柔軟で見習うべきものがある。『相振り革命3』によって体系化されたかに見えた相振り飛車だが、形にとらわれない指し方がまだまだ出来るのだと認識させられた一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/170-dffb8ad7