四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題の局面を迎える

 今回は筆者の実戦をご覧下さい。四間飛車対居飛車穴熊の定跡形となり第1図、便宜上先後を逆にしてあるが、深浦-川上戦渡辺-櫛田戦で振り飛車が△1三香(△1二香)と指す寸前の局面である。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 歩 ▲同 桂 △4四銀
 ▲4六銀 (第2図)

 前述のように香を上がって待機する手は▲7五歩~▲2四歩(△3五歩~△8六歩)と仕掛けられて居飛車にペースを握られてしまう。そこで▲4五歩を選択した。これを取らずに△3五歩▲同歩△8六歩なら▲同歩と取り、△7五歩に▲6七飛△7六歩▲6八角の予定だった。
 本譜は△4五同歩だったため▲同桂△4四銀、そこで▲4六歩もあるが今回は▲4六銀を試してみることに。
第2図
  第2図以下の指し手
       △3五歩 ▲6四歩 △3六歩
 ▲6三歩成△3二飛 ▲3三歩 △同 桂
 ▲同桂成 △同 飛 ▲4五歩 (第3図)

 △3五歩に▲同歩と相手をする手も有力だが、▲6四歩と突いて一直線の手順となった。△3二飛と急所に回られ、▲3三歩以下桂交換をしたが強く△3三同飛と取られる。しかし▲4五歩と打つ手があり、第3図では振り飛車良しと勝手読みをしていたが…。
第3図  第3図以下の指し手
       △3五銀 ▲3三角成△4六銀
 ▲2二馬 △同 玉 ▲4六金 △5七角成
 ▲4八飛 (第4図)

 第3図では△3四桂があったのではないか。▲4四歩△4六桂の取り合いは先手が勝てない。▲5七銀△4五銀に▲5三とと寄る手も、△同金は▲3三角成△同銀▲8一飛が両取りだが、△2二銀▲8四飛成で駒得ながら△4六歩で非常に怖い形だ。あるいは▲5三とそのものを手抜かれ攻め合われても自信がない。
第4図 実戦は△3五銀だったため▲3三角成以下派手な応酬が展開されたが、▲4六金と手を戻した局面ではこちらが銀得している。とはいえ△5七角成▲4八飛で後手も手駒が多くまだまだ難しい形勢か。
 第4図以下は△3四桂▲3六金△3五歩▲3七金△3六銀とやや冴えない攻めをして来たため、先手の反撃が厳しくなんとか勝ち切った。

 なるほど第2図からの△3五歩はいかにも筋である。課題局面からの実戦ということもあり、考えさせられるところの多い一局であった。

スポンサーサイト

コメント

△3四桂に▲5七銀と指したら、△4五銀ではなくて△2六桂か△5七角成~△2六桂で後手有望と思います。4四の銀は取らせても居飛車のラッシュの方が早そう。
戻って△3五歩は▲同歩と取るしかないのかもしれませんね。

  • 2005/11/28(月) 20:23:38 |
  • URL |
  • Poison #-
  • [ 編集]

Poisonさんどうも。なるほど△2六桂がありましたか。やはり3筋を攻められている形は急所ですね。△3五歩に▲同歩を本線として研究してみます。

  • 2005/11/28(月) 21:22:19 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/169-0d518743
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。