四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河戦 山中-川上戦詳報

 田村-中村亮戦に続いて山中-川上戦も再度取り上げてみたい。

第1図 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』にも載っている定跡形の将棋となり第1図、▲5五歩に代えて単に▲3四飛なら△3三銀と投入して受ける、との川上六段の感想。また第1図から単に△4六歩もありそうだが、▲同歩と取られても「良く分からない」。△5六角とでも打っておくくらいだが、以下▲4五桂△6二銀▲5四歩△5二歩▲3四飛と進んだ時に「そこで△7五歩とは突きづらい」。
 以上のような読み筋を経て、△3三角▲3四飛に△4六歩という本譜の手順を選んだようである。ここまでは中村亮-橋本戦と同一の手順だ。

第2図 第2図では中村亮-橋本戦で指された▲3七桂についても感想戦で触れられていた。以下△4七歩成▲4五桂打△3七と(橋本五段は△5七とと指した)▲5三桂成△同金▲3一角で難しい形勢か、とのこと。
 また▲3三飛成といきなり切る手もあり、△同桂▲3四歩△4五桂▲3三歩成△4四飛▲1六角△2四飛▲4三とが予想される手順。そこで△6二銀▲5二と△7一金か、あるいは△2九飛成▲5三と△5九飛▲7九桂△5三金。どちらの変化も一局の将棋だろう。本譜の▲7五歩よりは優っている印象を受ける。
第3図 ▲7五歩△4七歩成▲4三歩△同飛と進んで第3図。ここで山中アマの予定は▲3二角だったのこと。以下△4六飛▲2一角成△5五角▲3一飛成とさばき合ってどうか。▲4三馬と引ける形になれば先手も絶好の攻撃態勢を築くことができる。
 実際第3図からは▲8六桂△4六飛と進行しており、後手も▲3二角の筋を気にしていたのではないか。筆者は▲4四歩を警戒してのものだと思っていたのだが、この感覚はやや見当外れだったようだ。いずれにせよ▲3二角と打たないのであれば▲4三歩の叩きは余計だったか。
第4図 ▲8六桂△4六飛に▲7四桂△8二玉▲5四歩△6二銀と進んで第4図。この局面は山中アマいわく「自信なし」川上六段「ちょっとこちらが良いか」ということで両者の見解が一致した。さらに銀河クラブでは▲3三飛成△同桂▲5五角△7一銀打で「はっきり後手が良くなったか」との解説。
 とすると▲7五歩~▲8六桂の構想がやや疑問だったのではないか、という筆者の予想もあながち間違いとは言えないのではないか。少なくとも▲8六桂と打ってしまえば実戦の手順にあまり変化の余地はないように思える。

 最前線の将棋ということで注目の一局だったが、第2図では▲7五歩よりも▲3七桂の方が盤上の駒を活用して有力だったか。あるいは第3図で初志貫徹して▲3二角と打つべきであったか。このあたりも今後の研究課題としたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/168-53550c16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。