四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河戦 田村-中村亮戦詳報

 銀河戦放送及び銀河クラブでの解説を見た上で、田村-中村亮戦を再検討してみたい。
 田村六段が見せた▲7一飛成~▲2三銀以下の強襲に関しては、本人いわく「自信なし」とのこと。△6二銀と引く手が味良く後手が少し指しやすいのではという見解を示していた。

第1図 局面は第1図。当ブログではここで角を合わせる手について言及したが、田村六段の読みも△4四角が本線だったとのこと。▲同角△同歩で「穴を空けさせて何かやる」。以下は▲7四角△6三銀打▲8三角成△8五歩▲5六馬が一例だが、桂得でも後手が難しいか。先手には9筋を攻める狙いが残っている。
 4四ではなく△5五角とこちらから打つ手も感想戦では触れられていた。▲同角△同歩でそこでどうするか。▲7二歩△同金▲7三歩のような攻めは見えるが、手をつなげて行くのも大変そうだ。あるいはこちらの方が実戦より優ったか。
第2図 第2図で本譜は△4一銀と受けたが、中村亮四段いわく「弱気だった」。ここでは△5三銀だったとのこと。田村六段予定の▲7八香は△2九歩成とされて▲7一香成が詰めろでないため、▲2八銀と手を戻すことになりそうだ。
 △5三銀に対して筆者は▲4二馬△同銀▲5三香で寄り筋と評したがさすがにこの結論は勇み足で、すぐに決行するわけにはいかない。ただし攻め筋としては常に残るため、後手も△4七桂成▲同玉△4六銀のような駒を渡す攻めをするには覚悟のいる展開と言えよう。

 はっきりと断言はなされていなかったものの、敗因は△5三銀ということになるのだろうか。個人的には第1図で△5五角が気になるのだが。▲同角△同歩に先程も紹介した▲7四角以下の手順を選択した時に、5筋の歩が伸びているため最後の▲5六馬と引く手が消えている。
「自信なし」という本人の弁があったにせよ、先手の攻めは無理筋というほどでもなさそうだ。早指し将棋という舞台における、早指しの雄田村六段ならではの手作りといったところか。いずれにせよ序盤から激しい攻防が繰り広げられた、見ごたえのある一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/167-f6190384
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。