四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり相振りの急所は…

 本日はC級2組順位戦第7回戦の木下-横山戦を取り上げる。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから相振り飛車となり迎えた第1図、ここで後手が動く。

第1図  第1図以下の指し手
       △1五歩 ▲同 歩 △同 香
 ▲1七歩 △1二飛 ▲7七桂 △3五歩
 ▲同 歩 △同 角 ▲2八銀 (第2図)

 △1五歩は『相振り革命3』にも載っているこの形での常套手段。香交換となってはつまらないので▲1七歩と受けるが、一歩手にして後手がポイントを上げた形だ。
 続けて△1二飛と回り、角で3筋を交換しつつあくまで端に狙いをつける。それを受けて▲2八銀と引くのはこれくらいだろうか。
第2図  第2図以下の指し手
       △3六歩 ▲3七歩 △同歩成
 ▲同 金 △4三金 ▲8八飛 △2四角
 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩
 ▲8九飛 (第3図)

 第2図で後手は△3六歩。この拠点を残したままでは戦いづらく、▲3七歩△同歩成▲同金と手順に解消する。△4三金はやや形は乱れるものの桂頭を守って手堅い。以下後手は△2四角と引いて間合いを計り、その間に先手は8筋を交換して第3図を迎える。
第3図  第3図以下の指し手
       △5五歩 ▲6七銀 △4五桂
 ▲3六金 △3二飛 ▲3七歩 △2六歩
 ▲同 金 (第4図)

 △5五歩に▲同銀とは取れず(銀が死ぬ)、▲同角は△5四銀~△4五銀の攻めが気になるので▲6七銀は仕方ない。△4五桂▲3六金△3二飛には▲3五歩と受けたい気もするが、何か嫌な筋でもあるのだろうか。△2六歩に▲同歩は△2七歩が厳しいので▲同金はこの一手。ここで後手の後続手段は?
第4図  第4図以下の指し手
       △6四歩 ▲5五角 △6五歩
 ▲6三歩 △5四銀 ▲4六角 △同 角
 ▲同 歩 △5五角 ▲4五歩 △7七角成
 (第5図)

 一転して△6四歩とこちら側から手を作りに行くが、▲同歩ならどうする予定なのか。△同銀▲6五歩は単なる歩交換に終わるし、△6五歩も角を避わされて▲6三歩成~▲8三飛成が残る。本譜は▲5五角△6五歩▲6三歩と進行、△5四銀以下角交換となった。
第5図 後手は△5五角と打つ。ここで指しづらいが桂取りを受けて▲7八銀と引くような手はプロは読まないものか。△4六角▲4七金△6四角▲4六歩と殺しても、形が悪すぎて桂得くらいでは釣り合わないか。
 ともあれ第5図となっては後手も馬を作り一定の戦果を上げた。以下先手も▲7五桂と反撃して難しい戦いが続いたものの、攻めを重くさせてから玉を右に移動させてうまくいなした後手が反撃に出て勝利を収めた。この結果木下六段、横山四段ともに三勝三敗という成績に。

 途中で先手がこう指せばどうなるのだろうか、という局面はいくつかあったものの、第1図で端を攻めて以降は常に後手が主導権を握っていたように思える。やはり相振り飛車における端歩は急所なのだ、ということを再認識させられた一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/163-2ec3a479
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。