四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三枚換えでも…

 前日に駒組みの段階まで取り上げた川上-西尾戦の続きである。▲6九飛と引いて局面は第1図、ここからいよいよ後手が仕掛ける。

第1図  第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 歩 △7五歩
 ▲同 歩 △6四銀左▲6五歩 △7七角成
 (第2図)

 △8六歩▲同歩△7五歩はこの形での常套手段。しかし▲7五同歩に単に△6四銀左は珍しい。普通は先に△6六歩▲7六銀を入れるものだが、この場合は△6六歩を▲同銀と取られ、△7六歩に▲5九角と引かれてしまい(▲6九飛型の効果)後続がないと見たか。▲6五歩△7七角成に次の一手は当然▲同桂かと思いきや…。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6四歩 △8七馬 ▲7八銀打△9八馬
 ▲6三歩成△同 金 ▲7二銀 △8六飛
 ▲8七歩 △8四飛 ▲6三銀不成△8八馬
 ▲7四銀成△8一飛 ▲7三成銀(第3図)

 先手は▲6四歩と銀の方を取った。△8七馬には▲7八銀打と投入し、△9八馬に▲6三歩成~▲7二銀の両取りを決める。▲8七歩で8筋を防いでから▲6三銀不成と金を取り、以下▲7四銀成~▲7三成銀と桂馬を取った第3図では角香と金銀銀桂の交換で三枚換えとなった。
第3図  第3図以下の指し手
       △1五歩 ▲2六桂 △1六歩
 ▲1八歩 △5二金 ▲4五桂 △4四歩
 ▲5三桂成△同 金 ▲3四桂 (第4図)

 さすがに三枚換えの駒得ならば先手優位でもおかしくない。1筋を手抜いて▲1八歩と謝ったのもそれを意識しての指し手に見える。
 ところが△5二金が▲3四桂の当たりを未然に防ぎつつ6筋を補強した一手で後手陣が引き締まった。桂馬を駆使して先手は攻めにかかるが、第4図では急に切れ筋模様と思えてきた。
第4図  第4図以下の指し手
       △6六歩 ▲7六銀 △7八馬
 ▲6六飛 △6四歩 ▲7四成銀 △8八角
 ▲6四成銀△6六角成▲5三成銀 △3三玉
 (第5図)

 後手は待望の△6六歩を実現。▲7六銀では▲5八銀と引く方が玉の守りに利いて優るようにも思えるが何か気になる筋でもあるのだろうか。ともあれ△7八馬と銀を取り、▲6六飛に△6四歩と止めることができるのも先ほど5二に金を寄った効果だ。
第5図 先手は成銀を活用して6筋突破を狙うが、△8八角~△6六角成と根元の飛車を取られてしまった。▲5三成銀と迫って詰めろをかけたものの、△3三玉が当然ながら「玉の早逃げ八手の得」の好手。端を詰めさせたこともあって後手玉は広く、金二枚の持ち駒ではうまい寄せがありそうにない。
 以下は十数手で後手の勝ちとなり、西尾四段が三勝三敗と五分の星に戻した。一方の川上六段は三連敗の出だしから連勝と巻き返していたものの、この敗戦によって二勝四敗とやや苦しい成績に。

 駒の損得だけが形勢判断を決める材料となるわけではもちろんないが、さすがに三枚換え、それも第3図の段階で角と金銀銀の交換ならばさすがに先手良しでもおかしくないはずである。
 第3図で△1五歩と突かれたところで▲5八銀と飛車を成り込みに行くような手はないのだろうか。△7八馬▲6二飛成なら銀を取られても依然として二枚換えで先手が指せそうだ。7三の成銀を6三~5三と寄せていくような筋も残っている。
 問題は▲5八銀に△6六香▲7七銀△同馬▲同桂△6九香成の局面をどう見るか。とりあえず先手は全ての駒がさばけているが、端に手がついており下手をするとこの一点だけで寄せられかねない。総じて難しい終盤戦といったところか。
 筆者のような受け身の棋風の持ち主はどうしても駒得を重んじる傾向にあるのだが、第3図の局面は三枚換えでも形勢は大変、という結論を出さざるを得ないようだ。陳腐な言い回しだが、やはり将棋は難しい。駆け引きのあった序盤のみならず、中終盤を通して見ても勉強になった一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/160-aa0ff7fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。