四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お互いに銀を前線へ

 C級1組順位戦の第7回戦、中田功-神崎戦より。▲7六歩△6二銀の出だしから中田功七段が中飛車に振って迎えた第1図、3筋の位を取った後手に対して先手はそれを目標に動く。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5五銀 △5四歩 ▲4六銀 △6四銀
 ▲3五銀 △6五銀 ▲7八金 △7六銀
 ▲6八角 △4五歩 (第2図)

 ▲5五銀△5四歩▲4六銀と3五の歩に狙いをつけるのが工夫した構想。△3四金なら5筋が薄くなるので▲5五歩と合わせればよい。後手も△6四銀~△6五銀~△7六銀とやはり一歩かすめ取り、局面の均衡を保つ。
 △4五歩と角筋を通されて第2図、ここでどう受けるか。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲6六歩 △3四歩 ▲2六銀 △6六角
 ▲7七歩 △6五銀 ▲1五歩 △同 歩
 (第3図)

 単に▲7七歩ではなくいったん▲6六歩と突き、△3四歩▲2六銀△6六角と6筋の歩を切らせるのはいかにも軽く指しているという印象を受ける。▲7七歩△6五銀と撤退させ、▲1五歩と振り飛車から端攻めをするのは珍しい。△1五同歩の一手に筆者は▲1四歩(取れば▲2五銀)だと思っていたのだが…。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲1三歩 △同 香 ▲4六歩 △2四歩
 ▲4五歩 △3三角 ▲6九飛 △5六銀
 ▲1二歩 △2三玉 (第4図)

 先手の指し手は▲1三歩だった。△同香と取らせて▲4六歩と一歩入手を図る。このまま▲1四歩~▲2五銀を実現させてはまずいので、▲4五歩と取らせている間に△2四歩~△3三角と後手は端を守り、△5六銀と先手陣に圧力をかける。▲1二歩△2三玉で歩切れとなった先手の後続手段は?
第4図  第4図以下の指し手
 ▲7六歩 △5五歩 ▲7七角 △4六歩
 ▲4八金 △6二飛 ▲6七金 △4五銀
 (第5図)

 ▲7六歩が名人戦棋譜速報でも「勝負手」と称されていた一手。△9九角成なら▲7七角とぶつけて香損でもさばくことができ先手も指せそうだ。そこで後手も慎重に△5五歩と止める。
 ▲7七角と飛車先を通す手にはいったん△4六歩が入るのが大きい。▲4八金と受けさせてそこで△6二飛と回っておく。
第5図 ▲6七金のぶつけにも△4五銀と手順に取ることができ第5図。後手は1二に歩を垂らされ、また6二に飛車を移動させられるなど色々利かされているが、4六歩が大きく歩損の先手陣を押さえ込んでいる。中田功七段といえば軽いさばきの三間飛車で有名だが、本局は結果的に軽く動きすぎた印象を受ける。
 実際に第5図以下、後手が良くなる順も控え室の検討で指摘されたが神崎七段はそれを逃して混戦に、最後は先手が華麗な寄せを決めて中田功七段の勝利、四連敗の苦しい出だしから連勝と星を伸ばした。一方の神埼七段は三勝三敗に。

 どちらかというと受け身で腰の重い(鈍重とも言う)筆者にとって、中田功七段のようなタイプの将棋は見ていて新鮮味がある。三間飛車主体の中田先生に限らず、ゴキゲン中飛車ではない通常の中飛車は最近比較的珍しくなったが、やはり指し手の節々に「コーヤン流」らしさを感じることができた。個人的にはこういう将棋を指して勝つことに憧憬を抱いているのだが、筆者の棋風を鑑みるに難しい相談であろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/158-4e5835bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。