四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

不用意な手順で踏み込みを許すが…

 前日に続いて筆者の実戦を見て頂く。先手四間飛車に対して後手は△3二金・△4三金を上がってからの居飛車穴熊模様で対抗、第1図は不注意な筆者が何の気なしに▲6五歩を突いたところ。ここで相手の手が止まり嫌な予感がしたのだが、案の定次の一手は△1一玉ではなかった。

第1図 第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 歩 △4五歩
 ▲同 桂 △7七角成▲同 桂 △4四銀 
 ▲8五歩 (第2図)

 △8六歩~△4五歩は振り飛車党にとってうっかりしやすく、常に警戒すべき筋である。△4五歩に対しては▲6六銀もありそうだが、本譜は▲同桂と取り角交換を許容する。すぐに△8六飛と走るのは▲7五角があり成立しないためいったん△4四銀と逃げる手に、飛車先を押さえて▲8五歩はこれくらいだろう。
第2図  第2図以下の指し手
       △5五角 ▲6六銀 △4六角
 ▲3七銀 △4五銀 ▲4六銀 △同 銀
 ▲4七歩 (第3図)

 第2図で怖いのは△4五銀と桂馬を取る手だ。これに▲同歩と応じると△5五角の王手桂取りを食らってしまう。
 しかし△4五銀の瞬間に▲6六角と王手を掛ければしのげそうだ。△3三桂のような受けなら▲4五歩と銀を取り返し、△5五角なら▲同角△同歩にやはり▲4五歩で、いずれも後手は△5五角と打つことができなくなっている。
第3図
 △4六桂と打たれる筋は残るが、もともと銀桂交換の駒得なのでそれほど気にしなくても良いだろう。居飛車は歩切れで飛車が使いづらく、丁寧に指して振り飛車が戦える展開だ。
 実戦は第2図で単に△5五角。これには▲6六銀△4六角▲3七銀と先手を取って受け続ける。△2四角なら▲4六歩と打って穏やかな進行となるが、こちらだけ角を手持ちにした上に8筋を逆襲する含みもあり先手不満なし。
 本譜は△4五銀▲4六銀△同銀と二枚替えになったものの、▲4七歩と受けた第3図では後手にこれ以上の攻めがない。

 以下は例によって怪しくしたものの勝ち。局後の検討も踏まえた上で結果的には無理筋のようだと判明したとはいえ、居飛車に仕掛けを与えた第1図の▲6五歩は危険も伴いそうだ。先に▲4七金とでも上がっておいて、△4五歩▲6六銀△4六歩を▲同金と取れるようにするなど、序盤の細かいところにもう一工夫すべきである。そういう意味では自戒の一局。
 そういえば竜王戦本戦 森内-片上戦詳報(2)で似たような形(居飛車を先手にして穴熊に潜る手を入れる)を取り上げたのを思い出した。対局中は全く気に留めていなかったものの、過去に愚考した経験が無意識下のうちに活きているということなのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/152-fc335273