四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負手の後は…

第1図 筆者の四間飛車に5筋位取りで対抗され第1図(便宜上先後逆)。▲8四角、△7六馬とお互いの飛車を取り合ったところである。先に香損した上に相手の馬は好位置、こちらの角はそっぽで先手の非勢は明らかだが、ここで勝負手を繰り出す。

  第1図以下の指し手
 ▲6七金 △同 馬 ▲同 銀 △8八飛
 ▲7八歩 △8九飛成(第2図)

 ▲6七金と自ら囲いを崩して馬に当てる。とにかく角を6六に引ける形にしなければいけない。
第2図 居飛車もそれは面白くないと見たか△同馬と切ってきた。△8八飛と下ろした手では△7九飛が優るだろう。桂取りを見せており、それを▲6八角と防ぐようではさすがにつらい。
 本譜は▲7八歩△8九飛成と進行して第2図。相手の攻めがやや細い感があり、第1図に比べれば形勢はよほど好転している。ここさえしのげば有利になると踏んだ、実戦での筆者の次の一手を考えて頂きたい。

正解図 次に居飛車からは△4七香の攻めが見えている。とりあえずそれを防ぐ必要があるが、▲5八銀では△8六竜なども気になる。実戦で筆者が指したのは▲5六歩(正解図)で、角筋を通して△4七香▲3九金に△4八金の筋を消している。
 実戦では△7五香と指してきたがさすがにこれはありがたい。以下▲6六角と打って危なっかしく玉頭から攻め込み、相手が一直線の変化を選んできたこともあり結果は幸いした。
参考図 第2図では先に▲6六角と引く手が入れば話はうまいが、重く△5五金と打たれると角が死んでいる(参考図)。香車と角があれば依然として△4七香▲3九金△4八角の攻めが残っており(△4八香成は▲同金△3九角に▲3七玉と上がれるのでまぎらわしい)、これは先手がまずいであろう。
 30秒の秒読みの実戦でそこまで細かく読んではいなかったものの、▲6七金の勝負手で形勢を好転させた後は▲5六歩という渋い一手と、うまくギアチェンジができた一局であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/15-ad9913c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。