四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議流四枚穴熊

 引き続きB級2組順位戦より、中村修-畠山成戦を取り上げる。「不思議流」の異名を持つ中村八段は振り飛車を指しても独特の味わいを見せるが、本局は畠山七段の四間飛車に居飛車穴熊を採用、自分だけ一歩を手にした上に四枚の銀冠穴熊でガチガチに囲ったものの手詰まり模様となった。銀冠から穴熊に組み替えた後手は、金を8二~7二と何度も往復させての待機作戦に出る。
 第1図は打開を図りたい先手が端に角を出たところだが、この時点で既に79手目である。そしてここからもやはり長い。

第1図  第1図以下の指し手
       △1五歩 ▲2六角 △1六歩
 ▲1五歩 △2四歩 ▲同 歩 △2二飛
 ▲1六香 △2五歩 ▲1七角 △2四飛
 (第2図)

 後手が△1五歩と仕掛けて局面が動いた。▲2六角△1六歩▲1五歩には△2四歩▲同歩と突き捨てて△2二飛がよくある筋。この瞬間▲4五歩と打ちたいが、△2四飛の時に歩が持ち駒になく受けに窮する。本譜は△2五歩を先に決めてから△2四飛で、後手が軽い形となった。
第2図  第2図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 歩 ▲6五歩 △3三桂
 ▲6四歩 △同 金 ▲6五歩 △6三金
 ▲6七飛 △2六歩 (第3図)

 ▲4五歩△同歩▲6五歩に△同歩は▲6四歩△同金▲4五桂とさばかれてまずい。△3三桂と跳ねるのが味の良い手で、6筋を取り込まれ▲6五歩と打たれてもたいしたことはない。▲6七飛で次の▲6四歩を狙うが、△2六歩と突き出す手が角道を塞いでぴったりだ。とはいえすぐに△2七歩成はなさそうな形だが…。
第3図  第3図以下の指し手
 ▲3九角 △2七歩成▲6六角 △3七と
 ▲3三角成△2七飛成▲1一馬 △7三金寄
 ▲6六馬 △6三歩 (第4図)

 第3図で▲2五歩と催促し、△同桂▲2六角で次に▲6四歩を狙うような手はなかったのだろうか。▲4五桂と跳ねる筋も残り、後手は受け止めるのが難しそうだ。
 本譜は角を大転換させ▲1一馬までで香得となったが、△7三金寄が▲6四香を防いだ渋い一手。さらに△6三歩と傷を消して第4図を迎える。
第4図
  第4図以下の指し手
 ▲4八馬 △1六竜 ▲3七馬 △3五歩
 ▲同 歩 △5六竜 ▲6六飛 △5七竜
 ▲3八馬 △8五歩 (第5図)

 ▲4八馬は一瞬ハッとさせる手だが、冷静に△1六竜と拾っておけば良い。以下竜を展開して▲3八馬とそっぽに追いやる。ここで▲4七歩もありそうだが実戦的には指しづらいか。
 自分の玉頭でもあるだけに反動もきついが、△8五歩と決断の一手を放って第5図。
第5図 以下▲8五同歩△8六歩▲同銀直△9四桂と進みなおも難しい戦いが続いたが、終始後手がペースを握って攻め続ける展開に。先手もしぶとい粘りを見せるも、192手という長手数の末に畠山七段の勝ちとなった。
 今回紹介していない箇所も含めて、どこかで先手が踏み込みそこなったような印象を受ける。不思議流の棋風が裏目に出た格好か。個人的には穴熊のような固める将棋は、中村八段が採用するとあまり相性が良くないと感じるのだがどうだろうか。本局にも「らしさ」は所々に現れているが…。

 ともあれ、双方に味のある一着が見られたプロらしい好局と言えよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/145-0cf13635
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。