四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

動かされている展開

 24日に行なわれたA級順位戦の第四回戦、丸山-久保戦を見て行きたい。後手の久保八段が藤井システムの駒組みを見せたのに対して、丸山九段は▲3六歩と突いてこれを牽制。△6二玉を強要された後手が△3二飛と回り、3筋の歩に狙いをつけて第1図を迎える。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6六銀 △7一玉 ▲6八角 △4五歩
 ▲3七桂 △5一角 ▲3八飛 (第2図)

 ▲6六銀と上がるのはこの形での常套手段。後手は△4五歩と角筋を通すが、▲3七桂が大胆な一手。3筋に飛車がいるので危険なようだが、直前の▲6八角が桂頭を守っている。
 7四歩型を活かして△5一角と転換する手に対して、▲4五桂は△4四銀▲4六歩△3五歩でうまくいかない。▲3八飛と寄る手は一見すると奇妙な形だが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △7三角 ▲6五銀 △3五歩
 ▲同 歩 △1二香 ▲7四銀 △6四角
 ▲6六歩 (第3図)

 第2図の段階で後手の陣形はある程度整っている。対する先手は5八の金が浮いていることもあり、振り飛車としてはここで素早く動きたいところ。△4四銀~△3五歩が第一感だが、この場合は▲同歩△同銀に▲3三歩と叩かれる。角と飛車のどちらで取っても▲4五桂が厳しい。第2図の▲3八飛はこの筋を防いでいるのである。
第3図 △7三角には▲6五銀が機敏な一手。△3五歩▲同歩にここで△1二香は落ち着きすぎている印象を受けたが、名人戦棋譜速報の感想戦のポイントによると実際△4六歩と動く方が優ったとのことだが、あくまで「本譜よりはマシ」という程度だったらしい。
 ▲6五銀の局面で「手がない気がする」と語った久保八段。しかし動く手がなければ模様は悪くなる一方である。歩をかすめ取られ、じっくり▲6六歩と突かれて第3図。ここで△4六歩▲同歩△3五歩と進めたが▲4七金とがっちり受けられ、以下も手堅い指し回しで序盤の優位を守りきった丸山九段の勝ちとなった。

 名人戦棋譜速報で「本局の感想戦は序盤の検討に終始した」とあることからも推察するに、第1図~第3図のあたりがこの将棋における最大のポイントと考えて良いだろう。しかるに丸山九段の巧みな構想により、後手が動かざるを得ない状況を作り出しているように思える。
 言うまでもなく、藤井システムは自分から積極的に動いて穴熊に組むのを阻止、あるいは穴熊そのものを攻め潰そうとする戦法である。ところが居飛車に▲3六歩と突かれて△6二玉と上がらされ、なおも3筋から動こうとしたがそれもうまくいかない。さりとて第2図のような局面から高美濃~銀冠と囲いを発展させるなどして自陣の整備をすれば、居飛車は喜んで穴熊に組み始めるだろう。
 自分から動くのではなく、相手に動かされている展開…藤井システムを採用した意義そのものに疑問を抱かずにはいられないのは、筆者自身がこの戦法をまったく使わないからであろうか。後手番の藤井システムは最近減少したと言われているが、なるほどそれも頷けると感じた一局。
スポンサーサイト

コメント

確かに後手番藤井システムってきついですよね。このまま絶滅しちゃうんでしょうか。藤井ファンとしては頑張ってほしいです。と言いつつ最近は熊らせてるんですがね。

  • 2005/10/29(土) 19:13:51 |
  • URL |
  • 元藤井システム党 #-
  • [ 編集]

先手ならばともかく、やはり後手なら穴熊を許すという指し方が主流になりつつありますね。筆者の立場としてはむしろその方が有り難いのですが…。

  • 2005/10/30(日) 04:26:45 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/143-0c6420fc