四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緩手がある」というヒント

 引き続きC級2組順位戦第六回戦より、中尾-大平戦を取り上げる。▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩とゴキゲン中飛車模様の出だしから、▲2二角成△同飛と角交換型向い飛車の将棋となり第1図。後手は角を手放す代償に一歩を得しているが、これが今後の展開にどう影響するか。

第1図  第1図以下の指し手
       △8四歩 ▲6七銀引△8三銀
 ▲5六歩 △4五歩 ▲4七金 △7二金
 ▲4五桂 △同 桂 ▲4六歩 (第2図)

 駒組みが続く中、△4五歩と突いたのは直前の▲5六歩で銀が5六に出る筋がなくなったのを見計らったものか。代わりに先手は▲4七金と上がり、▲4五桂△同桂と先に捨てるものの▲4六歩と打ち、桂馬を取り返すとともにあわよくば歩損も解消しようとする。しかしこの瞬間が怖いところだが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △4四歩 ▲3五歩 △同 歩
 ▲5五歩 △同 歩 ▲4五歩 △同 歩
 ▲2五歩 △同 歩 ▲3三角 △2一飛
 ▲5五角成(第3図)

 △4四歩は歩得を維持した穏やかな一手。しかし先手は単に桂馬を取るだけではなく、突き捨てを入れるだけ入れて▲3三角と打ち込んだ。5五の好所に馬を作った第3図では、後手の生角との差を鑑みても先手が指しやすい形勢ではないだろうか。歩損もそれほど響くとは思えない。
第3図 以下も細かいやりとりが続いたものの、△7四歩~△7三桂と組んだ手に対して▲6六桂が急所となり玉頭戦に持ち込まれてしまった。そうなると後手は4三の銀(終局まで動くことはなかった)に働きがないのも痛い。

 大平の本音では本局を振り返り「出だしはまずまずでしたが、明らかな緩手をやってしまい、以下は苦戦でした」と述べられている。これを元に筆者なりに考えてみるに、第2図での△4四歩がその「緩手」ではないだろうか。傍目には代わりに△2五歩が目につく(参考1図)。
参考1図 ▲2五同歩なら△2六歩と垂らしておいて次の△2五飛が受からない形だ。参考1図では先手も▲3三角と反撃する手が考えられる。△2一飛ならそこで▲2五歩と取り、△2六歩に▲4五歩△2五飛▲1一角成△2七歩成▲5五歩のような展開は、飛車先を破ったものの微妙な形勢か。戻って▲4五歩では▲1五角成のような手もあるかもしれない。
 ▲3三角にはあえて△2三飛と逃げた方が先手の手を限定できるか。以下▲1一角成△2六歩▲4五歩△2七歩成▲5五歩と進めば先ほどの手順に比べて先手に一歩渡さずに済む(参考2図)。
参考2図 とはいえ局面自体は大変か。次に▲5四歩と取り込まれるのは後手も面白くなさそうだが、△5五同歩▲同馬は手順に馬を引き付けられてしまう。かといって先に△2八とを入れると▲5九飛と手順に回られてやぶへびであろう。
 どうも自信がないが、2筋突破という代償なく馬を作られた第3図よりはこちらの順を個人的には選びたいのだが…。第1図以前、あるいは第3図以降に緩手が潜んでいる可能性ももちろんある。プロの目には「明らか」でも、アマチュアの視点からは難しいということだろうか。

 プロの将棋を並べる際、自戦記や観戦記、あるいは解説でポイントとなった指し手や主要変化などが述べられていれば素人目にもわかりやすい。だが今回は棋譜のみが提示され、解説などは一切ないケースのはずである。ところが大平の本音の存在によって「後手の指し手のどこかに緩手がある」というヒントを得た。
 こうした状況はかなり特殊な部類に入ると思われるが、なかなか新鮮な気持ちで考えることができた。ただし手を読むというよりは推理するという感覚に近く、棋力向上にどれだけ役に立つかは未知数である。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです~。fire君にこちらを教えてもらったので早速おじゃましました。奇遇な事にHNが似ていますね(笑)とても内容が濃くて勉強になります。ぜひ!今度オフ会しましょう!

  • 2005/10/26(水) 13:43:07 |
  • URL |
  • nusonot #-
  • [ 編集]

トラックバックありがとうございました。札幌に行っていて返事が遅くなってすいません。2図での△44歩が一番の緩手で、銀が出ないといけませんでした。途中からは、作戦が中途半端になってしまい、しっかり囲うなら穴熊、それかもっと早くに戦うべき(72玉のまま△74歩から82角として37の桂馬を狙うなど)でした。一歩取ったところはかなり作戦勝ちだと思います。

>nusonotさん
お久しぶりです。このHNとFireworksつながりということはおそらく彼でしょう(笑)。オフ会も是非。

>大平先生
緩手は運よく的中したようですが、△4四銀と出る手は思いつきませんでした。
確かに本譜の進行は、自陣に手数をかけたわりには銀冠が堅くありませんね。
丁寧な解説ありがとうございました。

  • 2005/10/28(金) 01:55:23 |
  • URL |
  • nusono #EbFvTiSQ
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/142-2e596139
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。