四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

『新・振り飛車党宣言!1』著者対決

 再びC級2組順位戦第六回戦に戻って、藤倉-中村亮戦を見て行きたい。振り飛車党同士の対戦らしく相振り飛車となり第1図、後手が飛車先を交換して△2二飛と引いたところである。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6七金 △8四銀 ▲2八玉 △8二玉
 ▲4七銀引△1五歩 ▲同 歩 △1六歩
 ▲3六銀 △1五香 ▲1八歩 (第2図)

 ▲6七金からの組み替えは△7五歩の筋に備えた意味か。△1五歩▲同歩△1六歩に▲同香は△2五角が痛打となり、▲1七玉と受けても△1六角と取られ▲同玉は△1五香以下詰み。よって▲3六銀で△1五香を強要し、▲1八歩と受けた第2図は端を詰められたものの、香が上ずったため▲1三角のような反撃の含みもある。
第2図  第2図以下の指し手
       △7三銀 ▲6六金 △4五歩
 ▲1三角 △2三飛 ▲3一角成△4六歩
 ▲3二馬 △1三飛 ▲2二馬 (第3図)

 △7三銀▲6六金に後手は△4五歩と仕掛ける。▲同歩は△3五歩~△4五桂や△7九角を絡めて攻めるのだろうが、具体的な手順は筆者の棋力では思い浮かばない。
 本譜の▲1三角も味の良い手で、△2一飛なら▲4五歩と取り自陣に角が利いてくる。△2三飛には▲3一角成以下飛車を追い、第3図となっては先手うまくいったようだが…。
第3図
  第3図以下の指し手
       △2四角 ▲1三馬 △同 角
 ▲1一飛 △2二角打▲1二飛成 △4七歩成
 ▲同銀引 △4五桂 (第4図)

 仕方ないとはいえ△2四角と受けさせ、▲1三馬△同角に▲1一飛と打って△2二角打と二枚目の角も打たせて先手好調に思える。しかし▲1二飛成に△4七歩成~△4五桂と跳ねられてみると、ひどい形に見えた自陣の二枚の角が燦然と輝き出した。
第4図  第4図以下の指し手
 ▲6七金 △5七桂成▲同 金 △7七角成
 ▲1三竜 △6八馬 ▲5八金上△5七馬
 ▲同 金 △5九飛 (第5図)

 先手は次の△5七桂成を受ける形がない。実戦の▲6七金△5七桂成▲同金には△7七角成とこちらを取るのがしゃれた手順。△5七同角成▲2二竜△6八馬は駒得になるものの、▲8五桂と活用されてしまうのが気にかかる。▲6六桂の追撃があるので△8四銀と逃げるわけにもいかず、これは勝負形に持ち込まれてしまいそうだ。
第5図 △7七角成▲1三竜△6八馬の順は駒の損得こそないものの、ここで▲5八金引と形よく受けることができないのがつらい(1三の竜を抜かれる)。▲5八金上は苦心の一手だが構わず△5七馬と取り、▲同金△5九飛と打った第5図では後手優勢だろう。こうなってみると先手は端を詰められているのがいかにも痛い。
 第5図以下▲4八角△9九飛成▲3六歩と粘るものの、澱みない攻めを見せて中村四段が一敗対決を制した。結果的に後手の囲いは手つかずのまま、藤倉四段にとっては不本意な将棋であっただろう。

 個人的な見立てでは第1図の時点で既に先手の模様がやや悪いと思う。後手にだけ一歩をもたれ、自分から動く手はない。あるいは作戦負けと言っても過言ではないかもしれない。
 前述した通り△4五歩に▲同歩なら後手はどうやって手を作るのか、あるいは第3図以下の手順で1一ではなく▲1二飛と打つ手はなかったのか(△2二角打が先手にならないという意味)。二つの疑問は残るものの、生角二枚で手を作ってしまった中村四段の巧みな指し回しが印象に残った一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/141-3836bb74