四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

銀河戦Cブロック1回戦 櫛田-堀口弘戦補足

 銀河戦及び銀河クラブの放送を見た上で、先日取り上げた櫛田-堀口弘戦の補足をしてみたい。

第1図 実戦は第1図より▲7八飛と回って△7七歩成を受けたが、▲6七飛と浮く手もあったとのこと。次に明確な狙いがないようだが、△9四歩と端角を狙う手には▲6八桂と得した桂馬をここに投入する。
 いかにも打ちづらい手だが、▲7六桂と跳ねた形は次に▲6四歩などの筋を見せて案外と働いているようだ。もちろんこの筋は予め△9四歩と突いている形では成立しないが…。本譜は第1図以下▲7八飛△6六角▲7六飛△同飛▲同銀△9九角成▲7一飛△6四歩と進んで第2図。
第2図 ここで▲6五歩に代えて▲2五桂も有力で、後手が5二金型なので△6六馬なら▲3三桂打と打って攻めることができる。△5一香の受けはあるが、▲2一桂成△同金で穴熊が薄くなり居飛車も嫌なところだ。
 第2図以下▲6五歩△6六馬に本譜は▲6四歩だが、▲5八桂と馬を追う手が優ったようだ。△8四馬に▲8一飛成とさらに追って馬筋をそらし、▲6四歩の取り込みを楽しみにする。
 以上、三つの代替手段全てに桂馬がからむのは単なる偶然であろうが、どことなく示唆的な匂いも感じるのは筆者だけであろうか。
第3図 第3図から▲7五歩は成立しない、はさすがに勇み足の仮説だったようである。ただし個人的には▲5七銀と引く方が好みか。以下△6二飛なら▲4五歩と仕掛けるか、▲6六角とぶつけて△同角▲同銀に△8二飛なら▲7五歩と突く。以下△8六歩▲7四歩△8七歩成に▲8三歩△同飛▲6一角が厳しい。
 ▲5七銀に△8六歩▲同歩△7五歩と攻める手もありそうだが、渡辺-櫛田戦(先後逆ということもあり若干形は違う)を見る限り居飛車が良くなる仕掛けというわけではなさそうだ。

 ▲2六角(△8四角)型で先に▲3七桂(△7三桂)と跳ねる手順に関して、本局をきっかけに筆者自身の中で主要変化が頭の中でまとまった感じである。桂跳ねの前に4四(6六)の銀を引く手も含めて、振り飛車側に選択の幅が広い形と言えるだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/140-2f9fad45