四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

相四間飛車の戦い

 12日に行なわれたA級順位戦の第四回戦、谷川-藤井戦より。谷川九段の趣向で相振り飛車、それも相四間飛車という珍しい戦いとなった。先手は美濃に、後手は穴熊に囲って第1図を迎える。

第1図 ここで先手は▲6五歩だが、藤井九段はこの歩を「突けないものだと思っていた」とのこと。いかなる読みに基づいてそう判断したのか興味深いところだが、飛車角の働きを一度に良くする▲6五歩は素人目には当然の一手に見える。角交換になっても先手陣に隙はなく、むしろ駒の偏りがちな穴熊の方に苦労が多いはずだ。
 実戦は以下△5一金▲7七桂△3五歩▲4六歩△4四歩▲8五桂と進行して第2図。▲7七桂が見慣れない一手で、▲4六歩も4筋に飛車がいるだけにお手伝いになりそうだが、△4四歩で角道が止まった瞬間に桂を跳ねるのが好着想。
第2図 第2図での先手の駒の配置は、攻めている方向が左右逆で、美濃囲いに玉が入場しており堅い藤井システムといったところか。左銀は一歩も動いていないがそれは相手も同じことで、大駒の活躍は見込める理想に近い攻撃態勢を築き上げているように思える。
「駒組みの段階で本当は優劣がついているはず」という神崎七段のコメントが名人戦棋譜速報に掲載されていたが、この場合の「優」は攻めの主導権を握った先手であることは疑うべくもない。感想戦での両者の発言もその点は一致していた。
第3図 手は進んで第3図。ここで持ち駒の桂馬をどこに合駒するかが重要なポイントとなった。①△8一桂は▲8五桂から香車を取って▲4四香~▲4一飛打が詰めろになるのが痛い。本譜は②△7一桂だが、後の変化で玉が7一に逃げる筋が無くなったのが誤算となった。
 棋譜速報の控え室の検討「感想戦」でも明文化はされていないが、③△6一桂が最善だったということなのだろう。金銀二枚でひもがつく△7一桂に比べて確かに打ちにくいが、穴熊感覚にこだわらなければ玉の逃げ道を一路広くして自然な手とも言えるのではないだろうか。
第4図 十数手進んで第4図。▲9四歩を取る手だけはないだろう、と読んでいたら△同銀。そう指すものかと思ったがこれは疑問だったようで、最善は△8四銀とのこと。
 △9四同銀は守備駒である銀が上ずり半ば無力化され、傍目には利点などないように思えるが…以前に△3七歩▲同桂を決めたため第4図では歩切れになっており、それを解消しようとする心理が働いていたのであろうか。以降ははっきり先手の勝ち筋となり、後手の粘りも及ばなかった。谷川九段はこれで四連勝。対する藤井九段は一勝三敗と星が伸びない。

 名人戦棋譜速報でかなり詳しい解説がなされているため、具体的な手順を紹介するというよりは筆者個人の感想を主とした。そのついでに述べるなら、相振り飛車における穴熊は有力な囲いとは思えない。
 筆者は対抗形でも穴熊をまず指さないが、それは振り穴の定跡が分からない、居飛車を持った時には急戦で戦いたいなどという理由から来るもので、穴熊という囲いの優秀性そのものを否定しているわけではない。しかし相振りでは優秀・有力ではないという認識のもとで穴熊を採用しない。この考えは金無双全盛の時代から変わっていない。
 相手の攻めを受け止める、あるいは相手の攻め駒を責めるには穴熊は不向きであり、受けの棋風である筆者には合わないというのが大きな理由なのは間違いない。しかし理論立てて説明することこそできないが、もっと根本的な部分で相振りに穴熊は似合わないという思いが漠然としてあるのも事実である。
 プロ間でも良く見られるようになった相振り飛車。そこでは穴熊の将棋も少なからず指されている(11日のC級1組順位戦、宮田-松尾戦という好カードでも登場した)。ここ数年で相振りの序盤は急激に進歩し、それに伴って金無双主体から美濃・矢倉の増加と、囲いのあり方も大きく変わった。そんな中で穴熊の締める位置づけはどのようになっていくのか。相四間飛車という少数派に属する形ながら、この一局が与える影響は大きいように思える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/133-f05ef635