四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四間飛車 in C級1組第六回戦(2)

 前日に続いてC級1組順位戦第六回戦より、長沼-窪田戦を取り上げる。▲7六歩△3四歩▲2六歩に△3三角と上がる出だしから角交換となり、立石流の将棋となって第1図。お互いに駒組みは飽和点に達していると思われるが、ここから後手が動く。

第1図  第1図以下の指し手
       △4六歩 ▲3五歩 △同 飛
 ▲7九角 △3六飛 ▲4六角 △4五歩
 ▲5七角 △3七歩 ▲3九歩 (第2図)

 △4六歩を▲同歩は△4七角と打たれて馬作りを防ぐのが難しい。▲5八角と合わせるのは△同角成▲同銀△3九角の強襲がある。▲1六角は目につくが、本譜は▲3五歩△同飛に▲7九角とひねった受けを見せた。△3六飛▲4六角に△4五歩は一度切った歩だけに打ちづらいが、このまま角に自玉のコビンを睨まれていてはまずい。
第2図 ▲3七角は△同飛成~△3六歩があるので▲5七角は仕方ない。△3七歩と打って次に△3八角とぶち込む手を見せるが、手堅く▲3九歩で第2図。

  第2図以下の指し手
       △3四飛 ▲3八歩 △2五桂
 ▲同 飛 △3八歩成▲5八金 △2九と
 (第3図)

 手を封じられた後手は△3四飛と引くが、そこで▲3八歩とあえて手損して突くのが独特の呼吸といったところか。
第3図 △同歩成▲同金は次に▲3五歩があり飛車を引いた手がマイナスになりそう。△2五桂~△3八歩成は勢いこう指すところで、第3図では先手が次の飛車成りを受けづらそうだが…。

  第3図以下の指し手
 ▲7四歩 △同 歩 ▲2九飛 △3七飛成
 ▲4四桂 △7三銀 ▲5二桂成△同 金
 ▲2五飛 (第4図)

 ▲7四歩が急所の一手。△同歩に▲2九飛としておけば、△3八飛成には▲3九飛とぶつけて先手よし。次の▲8六桂が猛烈に厳しい。
第4図 戻って▲7四歩に△同飛もありそうだが、▲4五飛と取り△1九となら▲8六桂△3四飛▲7四歩△同歩▲3五飛とぶつけて先手優勢。何と言っても▲7四桂が残っているのが大きい。
 実戦は▲2九飛に△3七飛成として▲3九飛に△3八歩を用意したが、今度は単純に▲4四桂の両取りがあった。△4二金と逃げられれば大したことはないが、この場合は▲2三飛成がある。△7三銀と上部を補強したものの▲5二桂成△同金で後手玉は弱体化、▲2五飛と浮いた第4図では次に▲3五飛の狙いがあり先手良し。本譜は△4三桂と防いだがつらい手だ。
第5図 二十手近く進んで第5図。ここで▲2四金と打った手は「駒取り坊主」の異名を誇る長沼六段らしい手厚い一着だが、本人によればこれが敗着とのこと。確かに△2一竜▲2五飛の瞬間が甘く、△9五歩から端攻めをされて以下難しい戦いが続いたものの後手に寄り切られてしまった。
 第5図では▲3三歩成△同竜▲2五飛が自然だろうか。△2四歩▲同飛(▲同角は△3四竜)△2三歩ではっきりとはしないが…。駒得優先なら▲3三金と打つ手も見えるが、やはり金を手放すのでは冴えないか。自らの持ち味が裏目に出た格好となり、全勝の長沼六段に土がついた。対する窪田五段は三勝二敗で白星先行に。

 第4図では駒の損得・駒の働き・玉形・手番(▲3五飛を受けなければいけないため実質先手番に等しい)という形勢を判断する四つの基本要素すべて先手に分があり、長沼六段の有利は間違いない。見た目ほどの差がないかもしれないとはいえ、このような展開を勝利に結びつけるのが得意な長沼六段にして逆転を許すとは…やはり勝つことは大変なことなのだ、と再認識させられた。
 ともあれ、お互いの特色が発揮された好局と言えよう。義七郎武藏國日記での詳しい解説が楽しみである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/131-2604cbf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。