四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手新鷺宮定跡 対 後手四間飛車 ▲3五飛

 前々回は第1図から▲3二歩と垂らす手を、前回は▲2一馬と寄る手をそれぞれ検討してみたが、いずれも居飛車がうまくいかなかった。今回は▲3五飛と歩を取る手を調べてみたい。一見すると平凡で、『四間飛車破り【急戦編】』にも「△3四歩で後が続かない」と述べられているが、調べてみるとそれほど簡単ではない。

第1図  第1図以下の指し手3
 ▲3五飛 △3四歩 ▲3九飛 △1九角成
 ▲3二歩 (第2図)

 ▲3五飛に対して△3四歩はこの一手。▲3九飛と引くのもこの形では定番だ。今度こそ▲3二歩と垂らすのが狙いで、前々回で紹介した△3九角成~△2六飛の筋は持ち駒にもう一歩あるため▲2八歩と受けておいて何でもない。
 後手は△1九角成と駒得を果たす。そこで▲3二歩と垂らして第2図。先手にとっては手の広い局面だが…。
第2図  第2図以下の指し手
       △5五歩 ▲3七桂 △2八馬
 ▲5五歩 △3九馬 ▲同 銀 (第3図)

 3筋に歩を垂らした瞬間だけに、第2図で△3五香も考えられる。▲7九飛△3八香成で銀が取れてさらに駒得を拡大できるが、△4八成香▲同金の後に後続手段がなく意外にも難しい。
 △5五歩の方が筋が良く、▲同歩なら△同馬▲6六銀に△5四馬と引いておいて、▲2二馬に△3二馬を見せて後手が良い。▲6六銀と上がらせたことによって△4六歩も生じている。
第3図 気になるのは△5五歩の瞬間に▲3七桂だ。△2八馬に▲5五歩を手を戻され、△3九馬▲同銀となった第3図は歩切れということもあり後手も容易ではない。△3五歩と桂頭を狙いたいが、▲2二馬と引かれて△3二銀なら▲3四歩と逆に桂の頭に打たれてしまうのが悩みだ。▲2二馬に△3六歩▲2三馬△3七歩成▲3三馬△4九飛▲5四歩…のような一直線の変化に持ち込むと、自陣に取り残された飛車が働くどころか攻めの目標になってしまっている。
 必ずしも振り飛車悪いというわけではないと思うが、もっと具体的に有利にできないだろうか。第1図まで戻って再び考えてみる。
再掲第1図
  再掲第1図以下の指し手4
 ▲3五飛 △3四歩 ▲3九飛 △5五歩
 ▲同 歩 △同角成 ▲6六銀 △1九馬
 ▲3二歩 △4六歩 (第4図)

 ▲3五飛△3四歩▲3九飛にここで△5五歩と打つのが最善手と思う。手抜いて▲3二歩なら△5六歩と取り込み、▲同銀に重く△5五歩▲6五銀と追ってから△4六歩と突く。次に△4七歩成~△3九角成があるので手抜けず▲4六同歩だが、△3九角成▲同銀△4六飛と走って次の飛車成りが受けづらい(参考1図)。
参考1図 3筋に飛車を回られた時に▲3七歩のような受けが二歩のため利かず、居飛車は二枚飛車の攻めをまともに受ける形となりそうだ。
 そこで▲5五同歩△同角成の進行は仕方がない。次の香取りと△5六歩を同時に受けるには▲6六銀しかないが、そこで△1九馬と手順と香車を拾ってみれば、▲3九飛に対して単に△1九馬よりもはるかに得をしているのが分かる。先手は▲3二歩くらいだがそこで△4六歩と突いた第4図では、飛車の活用が見込めて振り飛車が指しやすい。香を取る前に△5五歩と打ち、6六銀型にしておいた成果がはっきりと表れている。
第4図 以上三回に渡って先手の新鷺宮定跡を研究してきた。『四間飛車の急所3』『四間飛車破り【急戦編】』などの定跡書で振り飛車良しと明言されている第1図だが、詰みまで研究されている形ではないため難しいところも多いようだ。
 新鷺宮定跡の場合、他の急戦でよくあるようなお互いに飛車を成り合う華々しい展開にはならない。金銀も自陣を動かず、手持ちの角か馬を主力に歩で手を作っていく、どちらかといえば地味な将棋となる。だからこそ飛車が攻めに参加するようなことがあれば、それは形勢を左右する大きな要素となる。今回の参考1図や第4図を見ればお分かり頂けるだろう。

 以上のようなことを頭の片隅に置けば、先後どちらを持った場合でも新鷺宮定跡を指しこなす際の助けとなるはずである。ただし筆者としては、この形は四間飛車が有利という考えは数年前から変わっていない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/124-1df5605a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。