四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

森内-千葉戦をさらに検討してみる

第1図 先日の記事をせんすぶろぐで取り上げて頂いたので、それを踏まえてこちらでもNHK杯の森内-千葉戦を再検討してみたい。
 第1図以下▲8八桂の受けなら△7七銀成と取り、▲同玉に△4六角▲4七歩△5七角成▲同銀△4七竜▲5八銀の進行が予想される(というより筆者にも他の手順は思いつかない)。
 この瞬間が先手も怖いところで、実際に△8五桂と打たれて寄り筋に入ってしまいそうだ。第2図で▲6七玉は論外として、▲7八玉も△7七金~△5八竜と取られて受けなしに追い込まれてしまう。

第2図 △8五桂に▲8六玉と上部に逃げても、△7四銀と歩を払われて必死ではないだろうか。とにかく7五の地点を受けなければいけないが、▲7五歩は△同銀と取られて詰み。▲7九香や▲6七桂の受けも△7五銀打以下清算して△7三香でいずれも詰み。△8五桂に▲7六玉の場合も同様に△7四銀で良い。
 第2図で▲6八玉はどうか。△7七銀は▲6七玉、△7七金は▲5九玉でいずれもはっきりしない。後手が困ったようだが△6七香の決め手があった。玉を逃げる手はいずれも即詰みか必死、▲同玉は△7七金まで。▲同銀も△7七銀~△5七竜で銀を取られて受けなしである。

第3図 第1図に戻って▲5八金上には、△7五香▲8九桂に△9六歩▲同歩△9七歩が前日も述べた通り遅いが着実な攻め。桂香どちらでも取れないのが先手は悩ましい。手順中▲8九桂のところあえて▲6九桂と逃げ道を塞ぐ受け方をして(第3図)、△9六歩▲同歩△9七歩を▲同香と取り△9八銀なら▲8八香と背水の陣を引く(ここで△8九銀不成がないのが▲8九桂との違い)という手順もひねり出してみたのだが、そもそも第3図で△8九銀がある。▲同玉の一手に△8七銀成で次の△5七竜の筋が受けづらい。持ち駒に金があれば▲8八金があるのだが…まさに「金なし将棋に受け手なし」である。

 振り飛車に対して急戦を仕掛ければ、薄い自玉を気にしつつ戦うことが要求される。5七銀左のような定跡形とは異なるが、本局も例外ではないはずだ。となれば実戦のように受けに回る展開となるのはある意味では必然であり、森内名人も筆者が検討したような手順を、その内容の水準こそ違えど読んでいたはずである。
 しかしこの将棋に関しては、仕掛ける→相手の駒を引っ張り込む→先に駒損する→受けに回ってそれを回復しようとする→その前に相手に攻め込まれる、という悪い流れに先手がはまってしまっている印象を受ける。その結果として第1図の時点で先手が劣勢になっているのだとしたら、それ以前のどの手が悪手なのか。
 筆者も具体的には分からないが、先ほどの手の流れという要素にも基いて、▲6五歩△同桂と桂馬を呼び込んだのが疑問ではないかという意見を先日に引き続き述べておくことにする。
スポンサーサイト

コメント

6七香はみえていませんでした。してみると仰るとおりですね。やはり竜と同じ段に玉を置いてはいけません。

ありがとうございました。

  • 2005/10/05(水) 20:17:50 |
  • URL |
  • せんす #-
  • [ 編集]

どうもです。底歩を打たれて威力を削がれた先手の竜と、底歩を打たれても引いて使えた後手の竜、その差が出てしまっていますね。

  • 2005/10/06(木) 07:46:35 |
  • URL |
  • nusono #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/123-7119254c