四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

鉄板に穴が開いていたが…

 NHK杯トーナメントの森内-千葉戦より。藤井システム調の出だしから▲3六歩を見て玉を移動、△3一銀型のまま▲3五歩と開戦という、筆者は全く指さない形ながら序盤から目が離せない展開に。

第1図 第1図から先手は▲6五歩△同桂▲6八銀と進めたが、攻めを引っ張り込み過ぎているように思える。例えば単に▲6八銀と上がっておいたとしても、そこで後手の指し手も難しい。
 玉形を整備する手は必ずしもプラスになるとは限らず、△3三銀と上がれば▲2三飛成の筋が残る。本譜と同じく△4六歩▲同歩△4七歩以下お互い飛車を成り合う展開に進みそうな予感もあるが、それならば桂頭に傷を残している後手陣に対して、先手陣は△6五桂と跳ねられていないぶん傷が少なく得をしているように思えるのだが。実戦のように7三に空間がある、というのも確かに大きな傷ではあるが…。

第2図 第1図から二十手近く進んだ第2図、次に△4六角~△5七成桂を許してはまずく、桂馬を引っ張り込んだ手の流れに沿って▲6六歩は妥当な一着。以下△5七桂成以下清算して現状の桂損を銀桂交換の損に回復し、さらに2一と1一の桂香を拾えば1九の香車を取られても銀と桂香の交換となり、お互い早い攻めがなければこの駒得が活きるはず、と筆者なら見通しを立てる。
 終盤の忙しい段階に駒の損得を気にしすぎかもしれないが、第2図で▲6六歩以下△5七桂成▲同銀△同成桂▲同金に△1九竜▲1一馬と実戦も取り合っておりあながち的外れな見解ではないと思う。

第3図 次に▲2一馬さえ入れば▲6六歩で遮断された馬筋も再び自陣に利いてくるが…▲1一馬以下△1七竜▲6八銀△7五香▲7七香△同香成▲同桂△7六銀で第3図。ここで▲2一馬が桂馬を取りつつ銀に当てて当然のようだが、△7五香と打たれて▲7六馬と切るようでは明らかに変調である。
 第3図で別の手を模索する必要がありそうだ。せんすぶろぐでは▲8八桂と▲5八金上が候補として上がっているが、前者は△7七銀成と突っ込まれ、後者は△7五香▲8九桂に△9六歩▲同歩△9七歩のような攻めが見え、どうもぴったりとした受けが見つからない。
 
 第3図以降は後手の勝ち筋に入ったものの、秒に追われたか正しい攻めを逃して森内名人の勝ちとなった。筆者に心得のない序盤からの力戦模様ということもあり、検討していてもどこか勘のようなものが上手く働かないのだが、鉄板流の受けにどこか穴が開いてしまっていたのは間違いない。千葉五段にとってはチャンスを逸した一局と言えよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/122-2bd23c96

森内-千葉戦 (続)

 しつこくて済みません。 一昨日のエントリーで▲2一馬に代えて▲8八桂か▲5八金上ではどうか、と書いたところ、nusanoさんから「前者は△7七銀成と突っ込まれ、後者は△7五香▲8九桂に△9六歩▲同歩△9七歩のような攻めが見え、どうもぴったりとした受けが見つか

  • 2005/10/04(火) 20:21:16 |
  • せんすぶろぐ